スポンサーリンク
adsense002

中国、「徹底抗戦か自己改革か」米中摩擦巡り大激論

「徹底抗戦か自己改革か」米中摩擦巡り中国国内で広がる大激論の中身

当局は政権批判への転換が最も怖い

古畑 康雄
共同通信社記者

米中貿易摩擦は新たな段階に入った。トランプ大統領の不意打ち的な対中関税引き上げ方針の表明に対し、中国政府やメディアは当初沈黙を強いられたが、すぐに「決して譲歩しない」と強気の態度を表明した。

だが政府系メディアの強気の姿勢とは裏腹に、民間世論は必ずしも対米批判一辺倒ではない。ネットを丹念に見ていくと、世論のもう1つの声も見えてくる。米中摩擦はまさに、中国の改革派と保守派の対米関係、そして国内の体制改革を巡る路線闘争の場にもなっているのだ。(引用ここまで)

「徹底抗戦か自己改革か」米中摩擦巡り中国国内で広がる大激論の中身(古畑 康雄) @gendai_biz
トランプ大統領の対中関税引き上げ方針の表明に対し、中国政府やメディアは、すぐに「決して譲歩しない」と強気の態度を示した。だが政府系メディアの強気の姿勢とは裏腹に、民間世論は必ずしも対米批判一辺倒ではない。ネットを丹念に見ていくと、世論のもう1つの声も見えてくる。米中摩擦はまさに、中国の改革派と保守派の対米関係、そして国...

中国はもう駄目だろう。

どう足掻いても悪い方向に動く未来しか見えない。

スポンサーリンク

アメリカが経済においてどういう手を打ってくるのかに関わらず、中共の方が先に崩壊しそうだ。

アメリカもそう読んでいるのではないか。

天安門事件30周年でWikipediaを閲覧できなくしているそうだが、洩れるものは洩れる。

対外戦争で大きな戦果を上げたことがない中国軍がアメリカに敵うはずもない。

中国にとってマイナスな情報しか入ってこないのは、誰かが情報統制しているわけではないだろう。

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

中国 政治
スポンサーリンク
kotonoaniをフォローする
名無しの果て

コメント

タイトルとURLをコピーしました