adsense002

文在寅、「道徳的優越感」独裁制に向けてひた走る

【コラム】文在寅政権が見せた「道徳的優越感」の極致

~略~

結論として、今までの文政権の姿からは、彼らの主張もしくは自負に符合する道徳的優越性を見いだし得ない。彼らはただの「違うルーツ」だ。良い意味で違っていることもあり得るが、悪い意味で違っていることもあり得る。自分たちが追求するものにより謙遜で、他人の意見を尊重しつつ向かっていくのなら、良い意味で違うと言える。だが、今のように「お前らは騒げ、俺たちは俺たちのやり方でいく」だとか傍若無人に進んでいくのなら、悪い意味で違う方向へ流れていくだろうと断言できる。統一部(省に相当)長官任命の強行が、その「見本」だ。

ピュリツァー賞に輝いた歴史学者バーバラ・タックマンは、著書『愚行の世界史―トロイアからベトナムまで』でこのように記した。「成功裏に終わった革命はどれも、自らが追い出した暴君の服を早晩身に着ける。悪政には(1)暴政または圧政(2)過度の野心(3)無謀または堕落(4)独善または我執-の4種類があるが、複数が結合しているケースが多い」

Chosun Online | 朝鮮日報
韓国最大の発行部数を誇る朝鮮日報の日本語ニュースサイト。朝鮮日報の主要記事をはじめ、社会、国際、北朝鮮、政治、経済、スポーツ、芸能など、韓国の幅広いニュースを速報で届けています。

馬鹿馬鹿しいほど長いコラムで、しかも翻訳文なので読みづらいことこの上ない。

日本の文章にも時々見られるが、こういう新聞のコラム的なものはどうせ内容がまともにないのに、どうしてこう長ったるいのか。

スポンサーリンク

要するに言いたいことは最後の二段落である。

文在寅がやりたいことは我々のやりたいことと違っているが、文在寅は権力を用いてそれを実行するだろう。

まあそういうことである。

メディアとしては絶望的である。

嘘か本当か知らないが、文在寅の支持率は5割弱。

まだまだ当分倒れない。

このまま夏を乗り切ると、ひょっとしたら大統領を5年務めるかも知れない。

その頃には既にメディアは良く訓練された文在寅の犬になりおおせているだろう。

韓国が既にない可能性もある。

その時にはメディアなども普通に接収されてしまうだろう。

朝鮮半島はそういう意味で非常に面白い。

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

作業中です。

お暇なら覗いてみてね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました