adsense002

挙国一致で中国と対決、何が米国を本気にさせたのか?

挙国一致で中国と対決、何が米国を本気にさせたのか?

これ以上中国を放置できない、米国の専門家が語る米中関係の展望

(古森 義久:産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授)

米国の首都ワシントンで取材していて、外交について最も頻繁に接するテーマはやはり対中国である。政府機関の記者会見でも、議会の審議や公聴会でも、民間のシンクタンクの討論会でも、「中国」が連日のように語られる。(引用ここまで)

挙国一致で中国と対決、何が米国を本気にさせたのか? これ以上中国を放置できない、米国の専門家が語る米中関係の展望 | JBpress(Japan Business Press)
なぜ米国は中国と対決するのか。今後の両国関係はどうなるのか。その原因と現状、さらには米中関係の展望について、米国有数の中国研究の権威であるロバート・サター氏に見解を尋ねてみた。

アメリカがなぜこれまで本気でなかったのかといえばそりゃあクリントン-オバマの民主党政権がずぶずぶだったからだろう。

共和党のトランプに変わってから中国に対するアメリカの態度は激変した。

スポンサーリンク

中国はこれまでと違いはっきりと世界を制覇する気でいる。

なんだか悪の組織みたいだが、彼らは本当にそう思っているのだから仕方がない。

それに対してアメリカはトランプが大統領になってから中国に容赦ない圧力を加えている。

アメリカにとって中国が「敵」となったのが明らかだからだ。

その辺アメリカは母国を愛する心が強く、必要なときには一丸となれる。

アメリカと中国は貿易戦争でアメリカ有利に動いているようだ。

ファーウェイのチップをiPhoneにのせようとする策略がその直前頓挫した。

アメリカは本気である。

中国は5Gまではパクりで良かったかも知れないが、それに続く画期的な製品を生み出さないとこのまま沈んでしまうだろう。

後は中台問題でこの「冷戦」が「熱戦」に変わるかどうか。

中台の動きには要注目だ。

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

作業中です。

お暇なら覗いてみてね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました