adsense002

大阪、自民党の見せた醜さと保守分裂

大阪ダブル選、もう政争は許されない

「謙虚な心」で「丁寧な議論」をしていく-。大阪維新の会の松井一郎代表はダブル選の大勝にも浮かれたそぶりを見せず、大阪都構想の制度案の策定に時間をかける意向を示した。

同時に「ワンイシュー(単一の争点)」の選挙で「民意」を得たとも強調。吉村洋文氏はテレビのインタビューで「公明党が民意をどう受け止めるかが重要。玉虫色を続けるなら全面対決すべきだ」と述べ、さっそく揺さぶりをかけた。(引用ここまで)

大阪ダブル選、もう政争は許されない
「謙虚な心」で「丁寧な議論」をしていく-。大阪維新の会の松井一郎代表はダブル選の大勝にも浮かれたそぶりを見せず、大阪都構想の制度案の策定に時間をかける意向を示し…

今回の大阪ダブル選がこんなに醜いものになるとは思わなかった。

結果はこの選挙が始まる前からわかっていたので、それはいい。

スポンサーリンク

問題は保守分裂がかなり酷いレベルで起こってしまったことだ。

ちょっとあり得ない酷さだった。

勿論維新の側にもあったのかも知れないが、何より大阪自民の醜さといったらなかった。

選挙戦途中で無断で首相のアップをポスターに使うなど、考えられない事がありすぎた。

今回全国的にはっきりした共産党の衰退にもかかわらず、大阪自民は相乗りを選んでしまった。

この二つの分裂が支持者にも及んだ。

大阪は口が悪いので話半分にするとしても、普段なら保守で同じような主張をしている人が、お互いに罵り合っている状況には呆れた。

まあ維新が保守政党かどうかはまた別の話になるだろうが、保守の基盤に大きな亀裂を生んだのは間違いないだろう。

この後参院選がある。

勿論ダブル選の可能性が濃く、大阪でもまた維新対自民の構図は崩れないはずだ。

こうなると大阪は保守分裂が進むのか。

あるいは全国に先駆けて保守対新保守のような戦いになるのか。

醜いが見定めなければならないのだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました