adsense002

韓国中央日報、「最悪の危機」が迫るという平壌は今

「最悪の危機」が迫るという平壌は今(1)

4月の平壌(ピョンヤン)の雰囲気が尋常でない。「朝鮮民主主義人民共和国」を創業した首領・金日成(キム・イルソン)主席(1994年死去)の誕生日、4・15行事で雰囲気が盛り上がるべき北朝鮮の内部で緊張感が漂っているというのが、対北朝鮮情報関係者の伝言だ。何よりも2月末のハノイ米朝首脳会談決裂の余震が続いている。金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(35)の核・ミサイル挑発が招いた対北朝鮮制裁は北朝鮮経済を強く締めつけている。食料不足で春窮期を心配する声が海外の北朝鮮大使館にまで広まっている。さらに金正恩体制の崩壊を標ぼうする組織「自由朝鮮」までが登場した。この組織は亡命政府の設立に言及し、「自由の命令を拒否するほど金正恩政権は恥をかくことになるだろう」(2日にホームページに掲載した立場表明)と気勢をあげている。

金正恩委員長がつまずいたのはハノイ首脳会談でトランプ大統領から予期せぬ一撃を食らってからだ。非核化と対北朝鮮制裁解除をめぐる談判は北朝鮮の予想とは違って容易でなかった。手ぶらで帰還する60時間余り、金正恩委員長は専用列車の中で切歯腐心したはずだ。(引用ここまで)

「最悪の危機」が迫るという平壌は今(1) | Joongang Ilbo | 中央日報
4月の平壌(ピョンヤン)の雰囲気が尋常でない。「朝鮮民主主義人民共和国」を創業した首領・金日成(キム・イルソン)主席(1994年死去)の誕生日、4・15行事で雰囲気が盛り上がるべき北朝鮮の内部で緊張感が漂って..

やっと韓国の新聞で取り上げるところが出てきたか。

そりゃあ土産を山ほど約束して出ていった金正恩が手ぶらで帰ってきたら文句のひとつも出るだろう。

スポンサーリンク

特に軍部は金正恩の指揮下に完全には収まりきっていないだけに、色々とやってくれそうだ。

外部には「自由朝鮮」ができて、金正男の仇討ちをやると宣言したらしい。

この組織がどこまでのものなのかはわからないが、確実にアメリカと手を組んでいるのは間違いない。

金正恩にしてみれば内憂外患甚だしいといえる。

さてこれで金正恩が逃げ出さなければ立派なものだが、もう逃げ出す準備に忙しいことだろう。

ロシアか中国か。

ロシアも最近の動きを見ていると怪しさが増している。

ロシアにいざとなれば逃げ出すのじゃないだろうか。

その過程で何が起こるかはわからない。

他の独裁者と同じように生命が絶たれても不思議ではない。

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

作業中です。

お暇なら覗いてみてね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


コメント

タイトルとURLをコピーしました