スポンサーリンク
adsense002

高橋洋一氏、中国が「量的緩和」を控える本当の意味

中国・李首相が「バラマキ型量的緩和」を控える発言、その本当の意味

「独裁国家」のひずみが見えてくる

全国的にすすむ「景気の落ち込み」

2019年に入り、中国の景気減速がしきりに報じられるようになった。今年1~2月の小売売上高の伸び率は前年比8・2%となり、’03年並みの水準に逆戻りしたという。

こうしたなか、李克強首相は「量的緩和(QE)や公共投資の大幅な拡大などの措置を講じようという誘惑に抵抗する」と発言した。緩やかな減税は継続するが、景気拡大を狙った量的緩和は控える、という判断である。このような発表に至ったのは、なぜなのか。(引用ここまで)

中国・李首相が「バラマキ型量的緩和」を控える発言、その本当の意味(ドクター Z) @moneygendai
2019年に入り、中国の景気減速がしきりに報じられるようになった。今年1~2月の小売売上高の伸び率は前年比8・2%となり、'03年並みの水準に逆戻りしたという。これに対し李克強首相は緩やかな減税は継続するが、景気拡大を狙った量的緩和は控える、という判断をした。

謎の人物ドクターZによる記事。

まあ当然高橋洋一教授だ。

自分でZを名乗るのはどうかと思うがそれはまあ置いておいて。

中国で量的緩和は出来ない。

国際金融のトリレンマに引っかかるからだ。

中共が体制を続けたければ量的緩和を避け続けなければならないが、世界第2位となった中国ではそれが難しいということだ。

もし仮に元を変動相場制に移行すると、元は暴落する。

中国としては李首相の言う通り量的緩和を止めるしか手がないのだ。

中共は不況に苦しんでいる。

この不況はますます広がっていく。

さて中国はどうやって不況を乗り越えるか、お手並み拝見といこう。

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

お暇なら覗いてみてね

コメント

タイトルとURLをコピーしました