スポンサーリンク
adsense002

ケント・ギルバート氏、ドナルド・キーン氏ご逝去で考えた

ドナルド・キーン先生ご逝去で考えた…日米同盟の「絆」と「心残り」

2月24日、日本文学と日本文化研究の第一人者である、米コロンビア大学名誉教授、ドナルド・キーン先生が亡くなられた。享年96。

大学院で法律と経営学を学ぶ前、私は大学で「日本語と日本文学」および「アジア関係論」を専攻した。大学生の私は、キーン先生が書かれた日本文化に関する考察や、先生が翻訳された書籍のおかげで、日本に対する興味と理解、尊敬と愛情を一段と深められた。小説や戯曲だけでなく万葉集の和歌や松尾芭蕉の俳句など、困難な翻訳にも取り組まれたことが印象的だった。

キーン先生に直接お会いできたのは一度きりだった。だが、私にとっては永遠の師匠であり恩人である。「日米の懸け橋」として活躍された、最も思い出深い先生のご逝去には喪失感が大きい。この場を借りて感謝の意を表すとともに、心からご冥福をお祈りいたします。(引用ここまで)

【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】ドナルド・キーン先生ご逝去で考えた…日米同盟の「絆」と「心残り」
2月24日、日本文学と日本文化研究の第一人者である、米コロンビア大学名誉教授、ドナルド・キーン先生が亡くなられた。享年96。大学院で法律と経営学を学ぶ前、私は大…

アメリカと日本は本当に不思議なぐらい仲が良い。

この中の良さは中国にとって憎たらしいぐらいのものだ。

しかも戦後しばらくは日本がアメリカをあこがれの対象として見ていたが、ここ最近アメリカは日本文化を再発見したかのように日本に傾倒している。

日本人としては喜ばしい限りだ。

ドナルド・キーン氏が亡くなった。

この人は今のアメリカ人の日本かぶれの先祖みたいな人だった。

何せ今とは比較にならない、まだ日本が敗戦の泥を啜っている時代からの日本びいきである。

残した業績も凄まじい。

ちょっと真似しようにも真似できない人生を送られた。

我々はケントさんにキーン氏の後をついで貰いたい。

勿論文学者と弁護士では出来る事が違いすぎる。

ケントさんにはGHQのやり残した愛国心の復活の手伝いをやって貰えればなと思っている。

猫動画こちらのサイトに移してます
猫ねこ動画

お暇なら覗いてみてね

アメリカ 政治
スポンサーリンク
kotonoaniをフォローする
名無しの果て

コメント

タイトルとURLをコピーしました