adsense002

金正恩「クーデター失脚」発言はなぜ黙殺されたか

政治

金正恩「クーデター失脚」発言はなぜ黙殺されたか

重村智計(東京通信大教授)

 ベトナムの首都、ハノイで行われた第2回米朝首脳会談(2月27、28日)は、なぜ決裂したのか。その謎を解くカギが明らかになった。実は会談後に、米情報機関が次のような情報を入手していたのである。

 「北朝鮮軍は核とミサイル実験の中止、非核化に反対している。北朝鮮の指導者は軍をコントロールできていない。クーデターの可能性がある」(引用ここまで)

ttps://ironna.jp/article/12192

何とも不思議な話。

軍のプレッシャーに対して金正恩がクーデターの恐れありと考えている。

軍部と金正恩の間の対立は以前からいわれていた事だが、これがさらに一層前面に出てきたという事か。

古田博司教授は北は不信社会であり、北を抑えるためには粛正するしかないと述べておられる。

その意味で金正恩は粛正が足りないのだと。

確かに金正恩は兄殺しや叔父殺しで有名ではあるが、絶対数は割と少ない方だという。

粛正が良いか悪いかは別にして、金正恩もなかなか大変な国独裁者なのだ。

だからといって可哀想だとも思わないが。

全員が互いに不信感で一杯で、粛正に粛正を重ねなければならない国などまっぴら御免だ。

猫動画こちらのサイトに移してます
猫ねこ動画

お暇なら覗いてみてね

コメント

タイトルとURLをコピーしました