スポンサーリンク
adsense002

富坂聰氏、中国経済にかつての勢いなし

【真・人民日報】中国経済にかつての勢いなし…進行する「老化とメタボ」問題

大方の予想通り、全国人民代表大会(全人代)の最大のテーマは、経済であった。

これはいま始まったことではなく、習近平指導部の2期目に向けた大きなテーマとして、2017年秋の共産党大会前後からの流れである。

背景にあるのは、反腐敗は面白い政治ショーではあったが、それを見ている人々の懐がどんどん寂しくなる傾向に歯止めがかけられなければ、「いずれ習人気にも限界が訪れる」という指導部の危機感だ。(引用ここまで)

【真・人民日報】中国経済にかつての勢いなし…進行する「老化とメタボ」問題
大方の予想通り、全国人民代表大会(全人代)の最大のテーマは、経済であった。これはいま始まったことではなく、習近平指導部の2期目に向けた大きなテーマとして、201…

富坂聰氏の記事。

富坂さんは完全にハニートラップに引っかかってるんじゃないかと思うが、まあそれは置いておく。

全人代はどうもなんと言う事もなく終わってしまった。

まあ国外にトランプという大きな敵がいるので、国内で争っても得にならないという判断だろう。

中国はどうも外から来る敵に代々弱いようだ。

ここまで巨大な敵は中国四千年なかった事だと思うが、さて今回はどんな負けっぷりを見せてくれるのか。

それとは別にこの記事で言う老化も始まっているようだ。

習近平始め李克強などお馴染みのメンツが同じように座っているのを見ると、冗談ではなくこの国も年老いたと感じさせる。

共産党には若い政治家を登用する制度は無理なのかも知れないが。

中共の没落が見えるようだった。

猫動画こちらのサイトに移してます
猫ねこ動画

お暇なら覗いてみてね

コメント

タイトルとURLをコピーしました