adsense002

田中秀臣氏、黒田日銀総裁は日本経済のリスク

政治

黒田総裁はやっぱり日本経済の「どえらいリスク」だった

日本経済の景気減速が顕著になる中で、10月に予定されている消費税率10%への引き上げに対する懸念が増している。他方で「消費増税応援団」の活動も活発化してきている。

その中で最大の主役の一人、日本銀行の黒田東彦(はるひこ)総裁の消費増税「応援発言」がまたもや出てきた。日銀の岩田規久男前副総裁「告発の書」といえる『日銀日記』(筑摩書房)には、メインテーマとして前回2014年の消費増税の「主犯」黒田総裁への批判が取り上げられている。(引用ここまで)

黒田総裁はやっぱり日本経済の「どえらいリスク」だった
田中秀臣 日本経済の景気減速が顕著になる中で、10月に予定されている消費税率10%への引き上げに対する懸念が増している。他方で「消費増税応援団」の活動も活発化してきている。 意味不明な「日銀文学」 中国政府の「代理人」

田中秀臣氏の記事。

彼はラジオ「おはよう寺ちゃん活動中」などでお馴染みのリフレ派の論客である。

当然今回の消費税増税については非常に鋭く批判している。

その彼が言うには黒田日銀総裁が大変なリスクになっている。

まあ実際の経済とどうしたって合わないようなことを言っている時点で黒田総裁も財務省に飲み込まれた印象が強い。

あとは安倍首相がどう決断するかだ。

近い参議院選挙を衆議院選挙とダブル選にして、消費税増税撤廃ぐらいのことをやらないと、国民のデフレマインドは落ち込んでいく一方だろう。

実質5%に戻してもいいぐらいだ。

もうそろそろギリギリのリミットである四月が来る。

ここは本当に大切な時期なので丁寧に見ておきたい。

もう就職に困る学生たちを見たくない。

猫動画こちらのサイトに移してます
猫ねこ動画

お暇なら覗いてみてね

コメント

タイトルとURLをコピーしました