adsense002

北朝鮮、日本と接触し危機突破を図る

アメリカ

米朝首脳会談:追い詰められた北、日本を利用して危機突破か

安倍首相「今度は私が北朝鮮の金委員長と向き合う」

 2回目の米朝首脳会談が決裂したことを受け、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が日本を利用して突破口を見いだそうとする可能性が出てきた。北朝鮮としては文在寅(ムン・ジェイン)大統領による「仲裁外交」にこれ以上期待できなくなったため、新たな窓口として日本を選択するとの見方だ。日本の安倍首相も2002年、当時の小泉純一郎首相が北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記との会談を実現させたように、金正恩氏が守勢に立たされた今のチャンスを生かし、北朝鮮に接近を試みるとの見方が浮上している。東京の外交関係者も10日「2回目の米朝首脳会談が失敗したことで、逆に日本と北朝鮮が接触する可能性が高まってきた」と伝えた。(引用ここまで)

Chosun Online | 朝鮮日報
韓国最大の発行部数を誇る朝鮮日報の日本語ニュースサイト。朝鮮日報の主要記事をはじめ、社会、国際、北朝鮮、政治、経済、スポーツ、芸能など、韓国の幅広いニュースを速報で届けています。

とにかく安倍首相と会談するのなら拉致問題を解決しないと何も出来ないよ。

北のいろいろな横暴に対しては言いたいことが皆山ほどあるが、それでも拉致さえ解決できればまだ可能性は十分残っている。

日米の組み合わせが今最高に堅いことがこの間の米朝首脳会談ではっきりと判ったはず。

なぜこんなに固い友情(?)で結ばれているのか俺にはよく判らないが。

まあしかしその友情関係がある間はそれを十分に使わせて貰おう。

おそらくトランプとの第3回目の首脳会談を金正恩は望んでいるのだろう。

安倍首相を使って何とか今の行き詰まりの状況を改善したいと思っているのは明らかなのだから。

それにしても文在寅は惨めな役回りだな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました