スポンサーリンク
adsense002

高橋洋一氏、中国軍拡がたどる社会主義のごまかしの道

【日本の解き方】中国の軍拡が導く旧ソ連の道… 日本は「1人当たりGDP」と「防衛費の相応の増額」で対応を

 中国の全国人民代表大会(全人代)では、2019年の国内総生産(GDP)成長率目標を6・0~6・5%とし、18年の6・5%前後から引き下げた。一方で国防費については前年比7・5%増となっている。

 これまでの本コラムで書いてきたように、中国のGDP統計は全く信用できない。輸入統計から推計する実際のGDP伸び率は0~3%程度だろう。

 中国は、共産党一党独裁で社会主義国の旧ソ連とほぼ同じ統計部署組織を導入している。本家の旧ソ連は70年近く経済統計をごまかしてきたが、1991年の崩壊によって、それまでの経済統計がデタラメだったことが判明した。社会主義国の統計が当てにならないのは、社会主義という性格上、失業率統計をまともに公表していないことがあると筆者はにらんでいる。(引用ここまで)

【日本の解き方】中国の軍拡が導く旧ソ連の道… 日本は「1人当たりGDP」と「防衛費の相応の増額」で対応を
中国の全国人民代表大会(全人代)では、2019年の国内総生産(GDP)成長率目標を6・0~6・5%とし、18年の6・5%前後から引き下げた。一方で国防費について…

暗黒卿。

旧ソ連との比較で中国が抱えている問題のひとつが13億超と言われる人口問題だろう。

中国が経済的に破綻した場合この13億もの人民が経済難民として一気に流入してくるのではないか。

一気に流入とは行かなくても、これらの人民を中国はどう食べさせていくのか。

そもそも13億人という数字も、一人っ子政策などのせいではなはだ怪しいことになっている。

端から見ていると中国は国境線も膨れあがり、国内の人口も膨れあがるという、国家として成立する一線を最早越えているように見える。

高橋先生は中国の体制崩壊にはまだ時間がかかると考えているようで、中国は膨張したままもうしばらく続く様だ。

それだけに破裂すると怖いのは日本のバブル崩壊よりも数段上だろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました