スポンサーリンク
adsense002

中国、習近平は全人代を乗り切れるのか

習近平がピンチ、中国「全人代」に流れる不穏な空気

政府内で非難を浴びる習近平の経済政策と個人崇拝路線

年に一度の中国の国会に相当する両会(「全国政治協商会議」と「全国人民代表大会(全人代)」)が今週から始まった。全国政協は3月3日に開幕し、13日に閉幕、全人代は5日に開幕、閉幕日は15日が予定されている。

 今年の両会の雰囲気はかなり異常である。どういうふうに異常なのか。

習近平は孤立している?

 まず秋の中央委員会総会をスキップしている。

 中国の国家運営を行っているのは共産党。本来は前年(2018年)秋の共産党中央委員会総会で可決したことを春の両会で国内外メディアを通じて人民に広く知らせるというのが中国の政治システムである。ところが、一番重要な中央委員会総会がないまま全人代が開かれた。これが中国の政治にどんな影響を与えるのかまだ分からないが、不穏な空気が漂っているのは確かだ。(引用ここまで)

習近平がピンチ、中国「全人代」に流れる不穏な空気 政府内で非難を浴びる習近平の経済政策と個人崇拝路線 | JBpress(Japan Business Press)
年に一度の中国の国会に相当する両会(「全国政治協商会議」と「全国人民代表大会(全人代)」)が今週から始まった。今年の両会の雰囲気はかなり異常である。どういうふうに異常なのか。

福島香織氏の記事。

習近平の中国共産党内の立場の危うさについて述べている。

確かに現在のところの中国共産党はあまりに中国が広範囲になったせいで、分裂気味であるとは聞いている。

習近平に対し必ずしも下手に出る訳ではないところも随分あるようだ。

さすがに全人代でいきなり習近平の立場が悪くなるようなことはないであろうが、このところの経済の悪さから、内部で何らかの責任追及がなされてもおかしくない。

ここで問題になるのは習近平がどう出てくるかだ。

この後米中首脳会談を控えた習近平が易々とここで膝を屈するとも思えない。

何か秘策があるのだろうか。

そんなものより直接習近平の力を見せつけることになるのか。

あるいは外交、今の中国で言えば台湾侵攻のような主追い切った手を打ってくるのか。

全人代は楽しみであり恐ろしくもあり、かなり注目だ。

猫動画こちらのサイトに移してます
猫ねこ動画

お暇なら覗いてみてね

コメント

タイトルとURLをコピーしました