スポンサーリンク
adsense002

望月衣塑子、「怖いもの知らず」の醜悪

望月記者と大塚久美子社長「怖いもの知らず」の醜悪

「怖いものを知らない」という言葉がある。狭義で言えば、怖い事象に無頓着な危うさやそういう人に対しての言葉であろう。新入りが強面で通っているお偉いさんにぞんざいな言葉遣いをしているのを聞いて、周囲の者が気をもむようなシーンで使われるだろう。そしてもう少し広いニュアンスとしては、人生の機微を知らない。本当の危機や窮地を知らない様相を示す場合もあるだろう。「あの御曹司、まだ怖いものを知らないよな。」という具合で使われる。(引用ここまで)

望月記者と大塚久美子社長「怖いもの知らず」の醜悪
「怖いものを知らない」という言葉がある。狭義で言えば、怖い事象に無頓着な危うさやそういう人に対しての言葉であろう。新入りが強面で通っているお偉いさんにぞんざいな言葉遣いをしているのを聞いて、周囲の者が気をもむようなシーン

望月記者と大場久美子社長を並列に並べて比べるのが果たして正しいことなのかどうかは別にして。

望月はどうしてあんななんだろうね。

今中2の女の子が管官房長官にいつもメチャクチャにやられている望月の味方をするサイトを立ち上げて、それが実は母親だったというネタでネット中で騒がれてるが、この騒ぎは馬鹿としかいいようがない。

それ以外にも望月が何か大きなネタを掴んで政局を動かしたという話はまるで聞かない。

醜悪といえば醜悪なのだろう。

一部ではジャンヌ・ダルクに例える連中もいるらしいが、どう見てもドン・キホーテだろう。

官房長官会見を何か自分のオンステージのように考えてる気がしてならない、

まあ東京新聞は記者の一人もまともに育てられないのだなあ、とほとほと呆れる。

全く時間の無駄な記者だ。

大塚久美子のことは良く知らない、申し訳ない。

猫動画こちらのサイトに移してます
猫ねこ動画

お暇なら覗いてみてね

政治
スポンサーリンク
kotonoaniをフォローする
名無しの果て

コメント

タイトルとURLをコピーしました