adsense002

北朝鮮、試される金正恩リーダーシップ

政治

米朝首脳会談:大々的な宣伝の末に成果なし、試される金正恩リーダーシップ

ハノイでの米朝首脳会談決裂で北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長はきまりが悪いことだろう。60時間以上も列車で移動し、ベトナム・ハノイ入りしたが、成果なく手ぶらで帰国しなければならない状況となったからだ。今回の首脳会談で北朝鮮当局は住民にも金正恩の一挙手一投足を伝える異例の対応を取った。韓国政府周辺からは「金正恩委員長が帰国後、何事もなかったかのように世論を収拾するのは難しいのではないか」との指摘も聞かれる。金正恩にとっては、昨年4月に全世界が注目する中、板門店で南北首脳会談を開き、国際舞台にデビューして以降、事実上最初の「外交的失敗」を経験したことになる。(引用ここまで)

Chosun Online | 朝鮮日報
韓国最大の発行部数を誇る朝鮮日報の日本語ニュースサイト。朝鮮日報の主要記事をはじめ、社会、国際、北朝鮮、政治、経済、スポーツ、芸能など、韓国の幅広いニュースを速報で届けています。

外交的失敗も何も、これまでは核を持っていることで恫喝外交をしてきたのに、アメリカにはそれが通じなかったというだけだろう。

これは金正恩にとっては非常に大きい。

最早常勝無敗の大将軍ではない。

アメリカの前では所詮小物に過ぎなかったことがバレてしまった。

つまり彼らの主体思想が忌み嫌う「周辺」にしか過ぎなかったことを自ら表してしまった。

彼は自分の主人ではなく、周りの大国の思うがままにされる使用人に過ぎないのだ。

韓国でもこの大失敗は問題になるだろうし、文在寅と並んで責任を追及されざるを得ない。

これはちょっと問題である。

現在のところ韓半島はどちらも経済はボロボロだ。

庶民の怒りが政権に向くのも時間の問題に見えるが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました