スポンサーリンク
adsense002

金正恩、「手ぶら帰国」をどう説明するのか

【コラム】金正恩委員長は平壌で「手ぶら帰国」をどう説明するのか

米国のトランプ大統領は記者会見後にハノイを離れ、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長は予定されていた日程があるのでハノイに残っている。かくも世界的に注目され、かくも決裂した首脳会談はこれまでなかった。実務クラスがあらかじめ全て作っておいた合意文に署名し、握手するというのが慣例だ。会談場で先に席を立ったのがトランプ大統領なのは明らかだ。政治的危機に直面しているトランプ大統領は、ワシントンに戻ったら「失敗した会談」だとしてさらに強い攻撃を受けるだろう。

トランプ大統領がどのように対処するかに関心はない。金正恩委員長がハノイでの残りの日程をこなしていくのか、きちんと眠れるのかだけが気になる。北朝鮮で「万人の心臓をがっちりつかむ希代の偉人」と称賛されている人物ではないか。どうやら金委員長には、トランプ大統領を料理する自信があったらしい。国内で政治攻勢にさらされ、功名心に燃えるトランプ大統領が、交渉を台無しにしないため最終的には譲歩するだろうと考えた。国内外の専門家も全て、金正恩委員長の勝利を予想していた。(引用ここまで)

Chosun Online | 朝鮮日報
韓国最大の発行部数を誇る朝鮮日報の日本語ニュースサイト。朝鮮日報の主要記事をはじめ、社会、国際、北朝鮮、政治、経済、スポーツ、芸能など、韓国の幅広いニュースを速報で届けています。

結局これが一番気になる。

正直に言って俺はこういう形で会談が決裂した以上、何らかの政変が起こるんじゃないかと思っている。

脱北者などに聞くとやはり、金正恩に対する崇拝の念など無いようだ。

このまま行けば金正恩は唯一頼れる金すらなく帰り着くことになる。

周囲は身近なものや忠誠心の高いものなどで固めているだろうが、これは恐ろしいことになった。

兄だろうが叔父だろうが暗殺したり虐殺したりした金正恩である。

同じ目にあわないとは誰にも言えない。

北朝鮮は恐ろしい春を迎えようとしている。

猫動画こちらのサイトに移してます
猫ねこ動画

お暇なら覗いてみてね

政治 海外
スポンサーリンク
kotonoaniをフォローする
名無しの果て

コメント

タイトルとURLをコピーしました