adsense002

中国の将来、バブル後の日本がマシに見える

バブル崩壊後の日本がマシに見える中国のこれから

政治体制はそのまま、悲惨なディストピア時代へ

崩壊すると言われながら長い間崩壊しなかった中国経済がついに崩壊し始めた。一時は、「中国崩壊説の崩壊」などと揶揄されていたが、やはり不自然なことはどこかで限界に突き当たる。

~略~

今年の春節は700万人もの中国人が海外で過ごした。日本各地を呑気に観光してバブル末期の生活を謳歌していた中国人たちも、バブル崩壊に伴い所有する不動産価格が下落したり経営する会社が破綻したり、また失業する可能性がある。その際に、政権への不満をちっとでも漏らそうものなら、インターネットを監視して盗聴器を張り巡らしている当局によって拘束されて、学習施設(収容所)に連れて行かれることになろう。そこで習近平思想を徹底的に学ばされる。これから中国に、とんでもないディストピアが出現する。

これは悪意に満ちた予想だと思われるかも知れない。しかし、独裁の欠点を知れば、それほど的外れな予測とは言えない。今後、中国で大きな悲劇が発生した時、我々はウインストン・チャーチルの名言「民主主義は最悪の政治形態と言うことができる。これまでに試みられてきた民主主義以外のあらゆる政治形態を除けば」という言葉を思い起こすことになろう。

バブル崩壊後の日本がマシに見える中国のこれから 政治体制はそのまま、悲惨なディストピア時代へ | JBpress(Japan Business Press)
日本では経済が変曲点を迎えると、政治も官僚機構も変革を余儀なくされた。しかし中国ではバブルが崩壊しても、それが政治変革につながることはない。

中国は経済的には既に破綻してるよね。

ピークはもう随分昔に過ぎ去ってしまったように思える。

後は経済の崩壊が政治体制の崩壊に向かうのがいつかということになる。

アメリカとの貿易戦争も始まっている。

中国は外に敵を作りたいから台湾との間に緊張関係を作り出してるが、ここもアメリカが守りにきている。

台湾との交戦はアメリカとの限定的な戦争に道を開きかねない。

中国詰んでるよな。

随分と短い覇権だった。

ディストピアは結局現れることなく終わるんじゃないかな。

後数年かかるとはいえ中国の共産主義独裁政権は終わる。

その後何カ国かに分かれるだろう。

それぞれの国でディストピアを運営していくのは当面無理だろう。

猫動画こちらのサイトに移してます
猫ねこ動画

お暇なら覗いてみてね

コメント

タイトルとURLをコピーしました