adsense002

高橋洋一氏、民主党時代は「悪夢」と言われて仕方なし

経済政策を振り返れば、民主党時代は「悪夢」と言われて仕方なし

雇用、所得が一番重要

2月10日の自民党大会で「悪夢のような民主党政権」と発言した安倍首相に対し、岡田克也元副総理が撤回を求めるなど、激しい論争になっている。岡田氏にとっては、自分たちの時代を「悪夢」と言われて気のいいものではないことは理解できる。

一方で、国民にとって民主党政権の3年間は「悪夢」だったのかどうかは、様々な角度から検証されるべきテーマだ。今回はこのことについて論じたい。

そもそもこの表現は、安倍首相だけが使っているものではない。1月31日には、日本維新の会の馬場伸幸幹事長が衆議院代表質問を行い、その冒頭で「あの悪夢の3年間といわれた民主党政権」と発言している。一国の首相と野党の幹事長では影響力が違うという声もあろうが、首相だけの認識ではないということは、確認しておくべきだろう。(引用ここまで)

経済政策を振り返れば、民主党時代は「悪夢」と言われて仕方なし(髙橋 洋一) @gendai_biz
「現代ビジネス」は、第一線で活躍するビジネスパーソン、マネジメント層に向けて、プロフェッショナルの分析に基づいた記事を届ける新創刊メディアです。政治、経済からライフスタイルまで、ネットの特性を最大限にいかした新しい時代のジャーナリズムの可能性を追及します。

あの時代の重苦しさはあまり思い出したくないですな。

俺は直接不況が直撃するタイプの仕事ではないが、それでもやはり苦しかったし、その分安倍政権に替わった時はほんとに良かったと思ったものだ。

その当時はルーピーが悪夢の象徴だったが、経済的にも駄目な政党というのは後から知った。

経済を動かすのは誰にとっても難しくて、どうやら安倍政権も同じ轍を踏みそうだが、こうなると財務省が突き上げられないと不公平な感じがする。

内閣がどんなに頑張っても財務省が経済をメチャクチャにしてしまうなら、それこそ内閣は誰でも良いではないか。

民主党時代は確かに悪夢だったが、今もその悪夢がそろそろ出てきそうで、何とも不安だ。

猫動画こちらのサイトに移してます
猫ねこ動画

お暇なら覗いてみてね

コメント

タイトルとURLをコピーしました