adsense002

韓国、告げ口外交の錯覚

【ソウルからヨボセヨ】韓国・告げ口外交の錯覚

韓国の国会議長が米メディアとのインタビューで慰安婦問題に触れ、天皇陛下の謝罪を要求したことが問題になっている。本人は持論だといって居直っているが、韓国メディアによると彼はインタビューで天皇陛下について「戦犯の主犯の息子」と述べたという。

公的人物の対外関係に関する公的発言としてはこれはないだろう。反日団体の反日活動家がアジ演説で使う類いの表現である。持論であれ、国会議員を長くやった一国の国会議長が使う言葉ではない。公人としての資質と品格が疑われる。日本を相手には何を言ってもいいという「反日無罪」の無責任心理が、このレベルにまで広がっているという“症例”である。(引用ここまで)

【ソウルからヨボセヨ】韓国・告げ口外交の錯覚
韓国の国会議長が米メディアとのインタビューで慰安婦問題に触れ、天皇陛下の謝罪を要求したことが問題になっている。本人は持論だといって居直っているが、韓国メディアに…

黒田勝弘さんの記事。

全体に韓国のこういった思い込みは強く幅広くなっているようだ。

日本が何度謝ろうと自分では謝っていないから謝れ、となるともう頭がおかしいのかとしか言いようがない。

知日派だったらしいがそういう人でも所詮このレベルだ。

日本人の普段の生活の中から天皇を思わせるものは極めて少ない。

だから天皇はどうでも良いのかというと全く違う。

この辺、知日派といわれようとも理解出来なければ日本を理解したとは言えまい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました