adsense002

天皇謝罪発言、韓国の根底にある「何をしても許される」

「何をしても許される」天皇謝罪発言、韓国政治の根底にあるもの

李相哲(龍谷大教授)

韓国の大物政治家の発言が、悪化の一途をたどる日韓関係を出口の見えない迷宮へ陥れた。今月8日、韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長がアメリカメディアの取材に「戦争犯罪の主犯の息子がおばあさん(元慰安婦)の手を取り、心より申し訳ないと言えば(慰安婦)問題は解消されるだろう」と発言した。

さらに、「天皇謝罪」発言が問題になると、文議長は「日本の責任ある指導者が、慰安婦に対して、納得できるだけの誠意ある謝罪を行うことが優先されなければならない」という趣旨だったと釈明した。

決着をつけたはずの慰安婦問題を持ち出し、謝罪を求めるのかという批判に対しては、「日本側は数十回謝ったと言っているが、私が見るところ、そう(被害者に誠意を込めて謝った)いったようなことはない」と反論した。しかも今のところ発言を撤回し謝罪する意向はないという。

このような経緯から確認できるのは、文議長の発言は、歴史に対する謙虚な気持ちの欠如、日本の政治体制に対する無知、普段の日本軽視の態度がうっかり言葉になって発せられたもので本音だったということだろう。

韓国立法府を代表する文議長の発言が憂慮されるのは、このことによって日韓関係は修復不可能な状態になる恐れがあることだ。それでも発言を撤回せず、「謝る事案ではない」と突っぱねるのはなぜなのか。(引用ここまで)

「何をしても許される」天皇謝罪発言、韓国政治の根底にあるもの
李相哲 韓国の大物政治家の発言が、悪化の一途をたどる日韓関係を出口の見えない迷宮へ陥れた。 中国には卑屈な韓国

別に韓国がこういう態度を見せるのは初めてのことではない。

これまでもいろいろあったが、何かに付け日本人は謝っていない、金を出せ、で金を払い続けてきた。

ところがネットが発達し、韓国人に好き勝手されている事情が分かり始めると、空気が変わってくる。

決定的なのは民主党政権だろう。

あれは本当に「悪夢」だった。

同時に韓国にとってはわずかな栄光の期間だった。

今やあの頃の見る影もない。

大体携帯メーカーに国を背負って立たせるなんて馬鹿をやるのは韓国ぐらいだ。

もう息切れ状態だ。

しかも日本から部品を輸入できないと即死亡だ。

日本はもう韓国と貿易は出来まい。

部品も製油もそうそう簡単には韓国には渡るまい。

金のない韓国では他の国から金を積んで仕入れるわけにもいかない。

あとはもう座して死を待つのみ。

猫動画こちらのサイトに移してます
猫ねこ動画

お暇なら覗いてみてね

コメント

タイトルとURLをコピーしました