adsense002

高橋洋一氏、米朝会談非核化費用で積極関与を

米朝会談は日本外交の正念場! 米国には頼めない拉致問題…非核化費用負担で積極関与を

2月27、28日に2度目の米朝首脳会談の開催が決まった。北朝鮮の非核化は進展するのか、日本にとって拉致問題の進展につながるのだろうか。

 トランプ米大統領はこれまで大統領選での公約を実行してきたが、北朝鮮問題は大統領選当時、米国民に意識されていなかったので争点にならず、公約はない。その意味で動きが読みにくい。

 ただ、米国の歴代政権は北朝鮮に軍事オプションなしの宥和策を取ってきたために、北朝鮮が核兵器や大陸間弾道ミサイルをほぼ手中にするまでになった。米国にとってここ1、2年が正念場であることをトランプ氏は分かっているだろう。(引用ここまで)

【日本の解き方】米朝会談は日本外交の正念場! 米国には頼めない拉致問題…非核化費用負担で積極関与を
2月27、28日に2度目の米朝首脳会談の開催が決まった。北朝鮮の非核化は進展するのか、日本にとって拉致問題の進展につながるのだろうか。トランプ米大統領はこれまで…

トランプは確かに安倍首相に今回は会わないで米朝首脳会談に臨むようだ。

これはつまり日本にとって少々受け入れづらい内容になるということかもしれない。

それでも日本としてはまずは拉致を解決しないことには北と話をするテーブルに着けない。

トランプがどこまでハードルを下げてくるのか判らないので、日本としてもどう動くのか決めかねるが、中距離核ミサイルに対してどうするのかは覚悟を決めておいた方がよい。

どちらにせよ核を持った朝鮮民族が隣にいるのは動かしがたい事実なのだ。

核戦力を日本が持っているということになれば、東アジアでの日本のプレゼンスが跳ね上がるのは間違いない。

ロシアとの対話も少しは上手くいくだろう。

ロシアと日本はアメリカが対中国を考えた時に外せない国だ。

日本はともかくロシアはなんとしてもこちらに引き留めておきたい。

その意味で現在日本とロシアの間で交渉が行われているのはアメリカも了承済みではないか。

トランプがその辺含めてどうするつもりなのか、米朝首脳会談は面白いのは間違いない。

猫動画こちらのサイトに移してます
猫ねこ動画

お暇なら覗いてみてね

コメント

  1. 金 国鎮 より:

    トランプが北に不可侵条約を提案した。
    アメリカの勝手だ。
    問題はその提案はドルがらみかどうかだ。
    金正恩はアメリカが言う人権には関心がない。
    正気かこの男は。
    アメリカは金一族に投資はできない。
    アメリカは中国に投資をしているが習近平ではない。
    最近アメリカが言いだしてきたのは中国共産党に投資する気はないとね。
    トランプとプーチンが話をすればいい、きっと出口が見つかるね。
    日本がロシアとの話し合いで出口を見つければさらに弾みがつくだろう。

タイトルとURLをコピーしました