adsense002

韓国政府、アダルトサイトにまた負けた

【コラム】アダルトサイト遮断、韓国はまた負けた

ポータルサイトのコメント欄が海外アダルトサイト遮断問題で騒々しかったが、この1、2日間はかなり静かになった。「我々は答えを見つけ出すだろう。いつもそうだったように」と書かれた映画( 『インターステラー』)のポスターがまた出てきたが、本当に答えを見つけたようだ。迂回接続方法と使用の感想が次々と書き込まれている。政府の高強度政策はその間、「見ようという欲望」の程度が「迂回の煩雑さ」を甘受するほどでない人だけに効果があった。誰かがまたすぐにもっと容易な方法を見つけ出すはずで、その瞬間、政府の努力は徒労となる。この分野でいつもそうだったように。

政府が通信事業者と相談して導入した技術は名付けて「SNI(サーバー・ネーム・インディケーション)フィールド遮断」。専門家らの説明によると、各インターネット利用者がサイトに接続する場合、オンライン上で暗号化された情報を送るが、最初の交信の瞬間に弱点がある。暗号化されていない行先地(接続しようとするところ)情報が一度発送される。インターネット使用者と各サイトの中間にある通信事業者がその情報を活用して有害サイトに向かう道をふさぐのが新しく採用された技術であり、その行先地情報が露出しないようにするのが自称インターステラーネットユーザーが知らせている迂回策だ。

政府が使った技術は「検閲」という批判から自由でない。行先地情報を把握するからだ。もちろん人が直接見るのではない。機械が見分ける。政府側は情報自体を検閲するのではないと説明する。ところが手紙に例えると、一番上の「誰々へ」を見てその誰々が「有害リスト」にあれば送達されないようにすることも検閲に該当する(その下の内容は見ないとしても)という専門家らの主張に政府が反論するのは容易でない。青瓦台(チョンワデ、大統領府)請願掲示板には「インターネット検閲のきっかけになる恐れがある」というコメントが続き、3日間に10万人以上が同意した。政府がその気になれば、でたらめなことを言いながら国民の情緒に非常に否定的だと判断する別の種類の「有害」サイト遮断にもこの方法を使うことが可能だ。中国、北朝鮮、イスラム圏の国のように。 (引用ここまで)

【コラム】アダルトサイト遮断、韓国はまた負けた | Joongang Ilbo | 中央日報
ポータルサイトのコメント欄が海外アダルトサイト遮断問題で騒々しかったが、この1、2日間はかなり静かになった。「我々は答えを見つけ出すだろう。いつもそうだったように」と書かれた映画( 『イ..

古代人にネットの技術教えちゃった結果が今の韓国だからな。

取り上げたり検閲したくなるのも判らなくはないよ。

あるいは中国のように全土でツイッターやグーグルが使えないようにするとか。

馬鹿げてるよな(笑)

でも中華文化圏に属する朝鮮の人民ならそっちの方が魅力的なのかね。

中国の顔認証が凄いスピードで発達してて、ちょっと信じられないレベルになってるらしいが、そういう個人の自由を徹底的に奪い、検閲でいいたいことも言えなくする社会が朝鮮には似合ってる。

自分は悪くない、上のものが悪いと言い続けてるところなんかぴったりだ。

俺、テレビでチキン屋が増加してると聞いて、しかも増加しすぎてお互い食い合って倒産するのが相次ぐのにチキン屋始める、ていうので、ばっかじゃねえのと思ってみていたんだが、そうじゃないんだな。

いや馬鹿は馬鹿なんだが、朝鮮人の文化なんだね。

成功するかどうかなんて明らかに思えるチキン屋をとにかく始めて、案の定失敗して、そこからが彼らのお得意の民族性なんだな。

この頃いろんな民族性が見れて面白い。

アメリカもこうやって韓国みれば疲れなくて済むよと教えてあげたい(笑)

猫動画こちらのサイトに移してます
猫ねこ動画

お暇なら覗いてみてね

コメント

タイトルとURLをコピーしました