Amazon

adsense001

adsense002

アメリカ 政治 海外 韓国

米韓同盟、韓国は「風前のともしび」

投稿日:

Pocket

【コラム】重病を患う韓米同盟にいつまで沈黙を続けるつもりか

「脱米・通北・反日」で同盟よりも民族共助を先立たせる文政権

米軍が撤収し同盟が解体されれば韓国は「風前のともしび」

 韓米同盟が「トランプの狂風」と南北合作の「民族共助風」のはざまで揺れている。第10回韓米防衛費分担金交渉は、一度に2倍にまで引き上げるよう迫るトランプの厳しい要求により難航している。一部の専門家たちは「金銭問題で同盟に亀裂が入っている」との見方を示しているが、間違った判断を容易に下すものではない。同盟は以前から重病を患っていたほか、分担金を巡る押し問答は表に現れた病状の一つにすぎない。にもかかわらず、笛を吹くべき知識人や政治家は、前に出ることなく、腕組みしながら高みの見物を決め込んでいる。

 同盟が揺さぶられるようになった要因の一つは、北朝鮮の対米・対南戦略だ。北朝鮮は2017年までに米国本土に核攻撃を加える「計算ずくの狂気」ゲームを展開した。米国国民たちは「韓国を守るために北朝鮮の核攻撃のターゲットにまでならなければならないのか」と疑問を抱き始めた。北朝鮮が核兵器をてこに「同盟の緩み」を狙ったのが功を奏したわけだ。北朝鮮が南に向かって叫ぶ「同じ民族同士」「民族自主」「外勢排撃」などは、同盟解体を狙った扇動スローガンだが、多くの韓国の若者はこれをロマンと受け取っている。(引用ここまで)

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/02/08/2019020880129.html

自分たちがトランプにどんなことをしたかを思えば、自分たちの同盟にひびが入ることは当然だろう。

まして日本では下にも置かぬもてなしを受けたばかりだ。

自分の乗った乗用車に火炎瓶を投げつけようとする韓国人をみて、絶望的な差を感じてもおかしくはない。

歴史は多少の揺り戻しはあっても流れる方へ流れるものだ。

それがどんなに間違っていたとしても。

韓国人の大半が求めているならもう止めようがない。

文在寅がその前に捕まって死刑になったとしても、大きな流れの中では些細な犠牲に過ぎない。

俺が思うのは日本海を難民が渡ってこないよう厳重に警備しておくのは重要と言うことだけだ。

猫動画こちらのサイトに移してます
猫ねこ動画

お暇なら覗いてみてね



ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

Google

adsense001

adsense002

Amazon

Amazon2

Amazon Magazine

もしも楽天

A8かりかりマシーン

-アメリカ, 政治, 海外, 韓国
-,

Copyright© 名無しの果て , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.