adsense002

高橋洋一氏、国会は早くタブレット使用許可せよ

タブレット使用禁止!時代遅れの国会がAIを導入すべき理由

 国民民主党の玉木雄一郎代表が、代表質問で原稿をタブレットで読もうとしたところ認められなかったことが話題になっている。

 連日、毎月勤労統計の不正調査での追及が続いているが、国会自体が取り組むべき課題も多い。

 タブレット使用に限らずペーパレス化は遅れているし、質問の事前通告や大臣の拘束時間の長さなど、長年、指摘されてきた“時代遅れ”が続いている。(引用ここまで)

タブレット使用禁止!時代遅れの国会がAIを導入すべき理由
今国会の代表質問で野党議員が原稿をタブレットで読もうとして認められなかった。ペーパーレス化の遅れだけでなく、質問の事前通告や大臣の拘束時間など、長年続いてきた“時代遅れ”を変えることが急務だ。

暗黒卿。

以前書いたことがある国会内のタブレット使用の問題について、かなり詳しく書き直してある。

タブレットにすると便利なのは、質問等遡って閲覧でき、紙を配る時間も必要なく、また紙ではないので持ち運びも楽と、便利なことこの上ない。

高齢の代議士たちにも、字を大きくしたり、LANで繋がったサーバから資料が即時飛んできたりと、使いこなすほどに便利さが判ってくると思うので、是非国会内での利用をお願いしたい物だ。

これによって質問がより深い物になり、充実した国会になると思うと、今のまま進んでいる国会がもどかしくてしょうが無い。

後はしばらくの間続くであろうデータの漏洩などのセキュリティ面だけだ。

ここさえきちんと準備できれば、タブレット使用はかなりすんなり行くんじゃないか。

大臣の拘束時間の長さについても、世の中が総じて高速化し、一分一秒の価値が上がっているのを解りさえすれば簡単に短くできるんだが。

何にせよ国会は大きく変わる切っ掛けを得たんじゃないか。

猫動画こちらのサイトに移してます
猫ねこ動画

お暇なら覗いてみてね

コメント

タイトルとURLをコピーしました