adsense002

韓国、滅茶苦茶な歴史観でコラムを書く

【コラム】敵が持ってきた新兵器を理解できなかった朝鮮

 日本による韓国海軍への問題提起が続いているが、これは「戦力的に優位」という自信からくるものだ。日本の海上自衛隊哨戒機と韓国海軍の駆逐艦「広開土大王」が本当に戦闘状態に入ればどうなっただろうか。専門家たちは「広開土大王がその場で沈没しただろう」と口をそろえる。理由はミサイルの性能や兵器のレベルが格段に違うからだ。韓国の海軍力は日本に比べて完全に劣勢だ。過去にも「独島(日本名:竹島)周辺海域で韓国と日本が戦闘状態に入れば3-4時間で壊滅させられる」とのシミュレーションがあった。その後、韓国は海軍力の増強に力を入れ、その差は縮まったが、それでも劣勢であることに変わりはない。そのため日本は韓国をなめて文句を言ってくるのだ。

 韓国と日本の力が逆転した時を振り返ると、1543年という非常に象徴的な年に行き着く。この年、日本には欧州から2丁の鉄砲が輸入された。朝鮮で周世鵬(チュ・セブン)が最初に書院を立てた年だ。日本は西洋の武器を手に入れ、朝鮮では性理学の書院時代が始まった。それから12年後、ある倭人が朝鮮に銃を持参し帰化を要請してきた。1589年には対馬の領主が鳥銃を献上した。しかし朝鮮の朝廷はこの新しい武器を倉庫にしまったままその存在さえ忘れてしまった。「朝鮮には昔から素晴らしい技術がある。他の技術などいらない」として無視したのだ。(引用ここまで)

Chosun Online | 朝鮮日報
韓国最大の発行部数を誇る朝鮮日報の日本語ニュースサイト。朝鮮日報の主要記事をはじめ、社会、国際、北朝鮮、政治、経済、スポーツ、芸能など、韓国の幅広いニュースを速報で届けています。

やっぱりすげえな、韓国人って。

議論の出発点から間違ってるもんな。

まあまず第一に日本は自衛隊と韓国海軍の戦力的な優位さを競っているのではなく、ただ単にレーダー照射すると危ないから2度とするなといってるだけだ。

大体哨戒機を何だと思ってるんだ?

それから、こっちの方が遙かに問題だと思うが、1543年に韓国と日本の力が逆転したそうである。

は?って感じだ。

こういうこと平気で新聞記者が書くから馬鹿にされるんだよ。

韓国でも新聞は読まれなくなってるらしいが、それなりの教育を受けてるはずの新聞記者がこれではそりゃあ歴史がどんどん歪んでいくわな。

これだから日本は話し合いさえもう良いと思ってるんだよ。

もううんざりだ。

猫動画こちらのサイトに移してます
猫ねこ動画

お暇なら覗いてみてね

コメント

タイトルとURLをコピーしました