adsense002

韓国、日米韓共助で日韓関係悪化を懸念

非核化交渉控えて揺れる韓日米共助…日本専門家「日韓葛藤を懸念」(1)

2014年3月26日、オランダ・ハーグ米国大使館。バラク・オバマ大統領が朴槿恵(パク・クネ)大統領と安倍晋三首相の間に立った。オバマ大統領が見守る中で安倍首相は「大統領様、(お会いでき)うれしいです」と韓国語で挨拶し、朴大統領は安倍首相が差し出した手を取って握手をした。ところが5カ月前までは全く違っていた。2013年11月、インドネシア・バリのアジア太平洋経済協力(APEC)の会議場で韓日首脳が席を共にしたが朴大統領は隣の安倍首相を冷遇した。

このような冷気流を変えたのは米国だった。韓日関係の亀裂を憂慮した米国がハーグで両首脳を事実上仲裁した。

当時は鎮火したが、いま韓日関係はレーダーと哨戒機論争で最悪の状況を迎えている。安倍首相は先月28日の国会施政方針演説で韓国を意図的に言及しない「戦略的無視」の態度を示した。鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は先月26日、日本哨戒機の近接威嚇飛行について「友好国に対する甚大な挑発行為」と規定した。国防部長官が「挑発」と表現したのは外交的には軍事的対応の可能性を示唆したものと受け取られる。日本政界からは韓国に対する暴言が相次いでいる。自民党4選の山本朋広議員(44)は31日、党内会議で「(韓国という)泥棒がうそをついている」とまで表現した。(引用ここまで)

非核化交渉控えて揺れる韓日米共助…日本専門家「日韓葛藤を懸念」(1) | Joongang Ilbo | 中央日報
2014年3月26日、オランダ・ハーグ米国大使館。バラク・オバマ大統領が朴槿恵(パク・クネ)大統領と安倍晋三首相の間に立った。オバマ大統領が見守る中で安倍首相は「大統領様、(お会いでき)うれしいです」と..

その非核化交渉がちょっと怪しくなっているんですがね。

そもそも韓国の今回の交渉における重要性は実は殆どない。

というか居場所そのものがない。

韓国抜きで進めているようなもの。

故に日韓の関係など意味がない。

ハリス駐韓大使の態度など明らかだろう。

両国と同盟関係にある間は、アメリカは手を出さないといっているようなものだ。

ここに来て韓国が焦っても仕方ない。

そういう時期にそれに相応しくない男を大統領に選んでしまった、韓国の不幸はいつもそこにある。

日本は韓国の不幸には関係がない。

自国の防衛に邁進するばかりだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました