adsense002

中国、なぜ日本は原爆投下の米国を憎まないのか

日本人の感覚が分からない! なぜ「日本は原爆を投下した米国を憎まないのか」=中国

 中国では、学校やメディアなどを通じて愛国教育と反日教育が行われており、その効果は十分に出ていると言えるだろう。幼い子どもですら、日本人に対して「日本鬼子」との蔑称を使うほどだ。屈辱の過去は決して忘れないといったスローガンを繰り返し、国民の意識に日本への憎しみを刷り込んできた。しかし、戦争で被害を受けたすべての国が同じことをしているわけではない。中国メディアの捜狐は31日、「米国人を憎まない日本人の感覚が分からない」とする記事を掲載した。

 記事はまず、第2次世界大戦が世界に与えた破壊力を振り返った。戦勝国・敗戦国の別を問わず、すべての国が打撃を受け、本当に益を得た国は1つもなかったと指摘。中国ももちろん大きな損失を受けたが、日本の受けた打撃はなんといっても人類史上初となる原子爆弾の投下で、これまでにない破壊力だった。

 記事の中国人筆者は、「この道理で言えば、日本は米国を非常に憎み恨むべき」なのに、それが全く感じられないと指摘。日本人は米国に「むしろ感謝」さえしていると当惑気味に伝えた。実際、今の日本人で米国や米国人を「非常に憎み恨んでいる」人はあまりいないだろう。これは反日感情の強い中国とは対照的だ。では、なぜ「日本は米国を憎んでいない」のだろうか。(引用ここまで)

日本人の感覚が分からない! なぜ「日本は原爆を投下した米国を憎まないのか」=中国-サーチナ
今の日本人で米国や米国人を「非常に憎み恨んでいる」人はあまりいないだろう。これは反日感情の強い中国とは対照的だ。では、なぜ「日本は米国を憎んでいない」のだろうか。中国メディアが考察している。(イメージ写真提供:123RF)

個人的な話で恐縮だが、俺が高校生の頃はアメリカのロックが物凄い人気で、そのPVを通してみるアメリカの生活は本当に楽しそうだった。

原爆がどうこう言ってる場合じゃなかった。

今の子たちにはアメリカは違って見えるんだろうな。

前にも散々書いたが、今では日本の文化の方がアメリカを侵蝕している。

ある意味文化の恐ろしいところで、まだまだ若い文化のアメリカが、老練な日本文化に飲み込まれてしまうのを見るのはまあ面白い。

だがどちらがどちらに影響を及ぼすにせよ、日米間が中国によって離間されることはないよ。

その手の試みは今までも散々やってきて、でも失敗しているから判ると思うが、日米間の文化交流はなぜか相性が良い。

日中とか米中の比較にはならない。

なぜかが判れば良いんだが、まあそれは宿題にさせて欲しい。

とにかく原爆が落ち、日本は大きく傷ついたが、アメリカには精神的に二度と消えない傷を残した。

どちらもそこそこ傷ついたが、どちらも回復したんだな。

その辺、殺し始めたら殺し尽くしてしまわないと気が済まない中国とは違う。

その後上手いことやってるので、まあほっといてやってくれ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました