adsense002

統計不正問題はなぜ起こったか

統計不正問題はなぜ起こった?世界と比較すれば分かる「最大の元凶」

厚労省の統計不正をきっかけに、霞が関の統計に対する信頼が揺らいでいる。

各省庁ではさまざまな統計調査を出しており、それぞれ職員を割いているが、その人数が少ないのではないか、と見る向きがある。現状はどうなっているのか。

政府内で統計問題が議論されたのは、2004年の小泉政権で示された「骨太方針」からだ。その当時の各省庁での統計職員数をみると、内閣府63人、警察庁6人、総務省590人、財務省85人、文科省20人、厚労省351人、農水省4674人、経産省343人、国交省75人、人事院24人、計6241人だった。農水省の統計職員が圧倒的に多く、各省で人数のばらつきがある。

その後、日本の統計職員は大きく減少した。

’18年の各省庁の統計職員数は、内閣府92人、警察庁8人、総務省584人、財務省74人、文科省20人、厚労省233人、農水省613人、経産省245人、国交省51人、人事院12人、計1940人だ。

’04年のころ、人口10万人あたりの統計職員数はおよそ5人だったのが、およそ2人にまで減少している。(引用ここまで)

統計不正問題はなぜ起こった?世界と比較すれば分かる「最大の元凶」(ドクターZ) @moneygendai
厚労省の統計不正をきっかけに、霞が関の統計に対する信頼が揺らいでいる。各省庁ではさまざまな統計調査を出しており、それぞれ職員を割いているが、その人数が少ないのではないか、と見る向きがある。現状はどうなっているのか。

高橋洋一先生のお勧めの記事。

統計についてだが、まあやはり人員の少なさと月給の安さ、将来性のなさが結局のところ問題なんだと判る。

我々国民に統計の有り難みが良く伝わっていないこともあるし、このところは直していかなきゃならんのだよな。

実際統計が誤魔化されていたなんてまるで気がつかなかったし、ある程度官僚機構を信用していれば簡単に騙せてしまう。

このあたり統計庁作るなり何なりして解決して貰わないと。

それから官僚が悪いことするとすぐ解任要求する馬鹿、ちょっとはわきまえろ。

全くだから民主の生き残りは駄目なんだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました