adsense002

高橋洋一氏、リーマンショック時の日銀対応批判

【日本の解き方】リーマン・ショックと日銀の失敗…金融緩和で後手に回る無能ぶり 日本経済よりも金融機関を優先

リーマン・ショック前後の日銀金融政策決定会合の議事録が公開された。

当時の事実関係を振り返っておこう。2008年9月15日、米投資銀行リーマン・ブラザーズが経営破綻し、これを契機に世界的な金融危機が起こった。日経平均株価は1万2000円台から、10月下旬に7000円割れするなど大幅下落した。

当然ながら、世界各国の中央銀行はすぐ金融緩和で対応し、10月8日には米欧の6中央銀行は協調利下げした。

ところが、これに日銀は加わらなかった。その結果、猛烈な円高に見舞われた。そして10月31日の利下げ、さらに12月19日の追加利下げに追い込まれた。

どこの国でも似たようなものだが、自国通貨高は経済活動にマイナスだ。そのため、為替を一方向に動かさないように各国は協調行動をするのに日銀が拒んだのは完全な失敗だった。筆者もその当時、厳しく日銀を批判した。(引用ここまで)

【日本の解き方】リーマン・ショックと日銀の失敗…金融緩和で後手に回る無能ぶり 日本経済よりも金融機関を優先
リーマン・ショック前後の日銀金融政策決定会合の議事録が公開された。当時の事実関係を振り返っておこう。2008年9月15日、米投資銀行リーマン・ブラザーズが経営破…

暗黒卿。

白川氏については随分お怒りですね。

確かに白川氏がやらかしたことを知れば大抵の日本人は怒りに震えるでしょう。

それでいて回想録を出したりするんだから、あの人はどこか逝ってるんじゃあないでしょうか。

しかし日銀に就職するとなるとかなりのエリートで、これからもその傾向は続くはず。

どうにかなりませんかね。

やはり経済学部を理系に回して数学が出来る連中にするしかないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました