日韓関係、問題解決よりプライド争い

停滞する韓日関係、問題解決よりプライド争いに

日本の哨戒機による接近飛行をめぐり、韓日の国防閣僚までもが神経戦を繰り広げる中、韓国大統領府(青瓦台)は日帝(日本帝国主義)による被害賠償のための「三者基金」創設案について、「発想自体が非常識的だ」と主張した。

 三者基金の創設は、昨年10月30日の強制徴用賠償判決以降、韓国政府の強制徴用タスクフォース(TF)が迅速な被害補償のために検討してきた方策の一つだ。韓日関係専門家も韓国政府、韓国企業、日本企業による基金創設が現実的だと主張してきた。ところが、青瓦台は反対の立場を明確にした。外交関係者の間からは「韓国も日本政府も被害者賠償や韓日関係の改善ではなく、政治的なプライドで争っている」と懸念する声が漏れる。

■日本側「青瓦台が退路まで断った」

 青瓦台の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官は26日、「青瓦台の反対で基金創設の検討が中断されたというのは事実無根だ」と述べ、検討の事実自体を否定した。その上で、「韓国政府は強制徴用の被害者に関する大法院(最高裁に相当)の判決を尊重するというのが基本的立場だ」とし、基金創設計画は非常識的だと主張した。韓国政府筋は「青瓦台は韓国政府が(基金創設に)参加すること自体が大法院の判決の趣旨に反するとの方針を固め、外交当局が検討した基金創設に反対したものだ」と語った。

 日本の主要メディアは27日、青瓦台が「基金設置案は非常識的だ」と表明した事実に注目して報道した。毎日新聞は青瓦台がそうした立場を表明した背景について、「基金創設で韓日政府が密着しているように見えはしないかと神経を使ったからだ」というトーンで伝えた。(引用ここまで)

Chosun Online | 朝鮮日報
韓国最大の発行部数を誇る朝鮮日報の日本語ニュースサイト。朝鮮日報の主要記事をはじめ、社会、国際、北朝鮮、政治、経済、スポーツ、芸能など、韓国の幅広いニュースを速報で届けています。

まずなんか基金設立が一番良い方法だったのに、的な書き方は鬱陶しいな。

どうも韓国ではなんかあると基金作ってるみたいで、この問題もそうやって解決すれば後は何回も金が取れると思ったのか、それで押してくるけど、基本的にお断りだから。

韓国政府が断ったというのもデマなのかホントなのかわからんので何とも言いがたいが、外野でお前らが騒いでいるだけなんじゃないか。

今もう二国の政府間は没交渉で、何か動き出してからでないともう左へも右へも進めない状況だろう。

なので日本は交渉を打ち切った。

子供の相手なんぞしてられるか、といいうことだ。

プライドが邪魔してるのは韓国の方だろう。

昔から負けても譲らないところはほんとに無様だ。サッカーのアジアカップでもまた負けて不平言ってるらしいが、一事が万事この通りだ。

朝鮮半島に絡んだ方が負けだ。

ずっと言わせとけ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました