スポンサーリンク
adsense002

ジャパンタイムズで何が起きたか

焦点:「慰安婦」など表記変更 ジャパンタイムズで何が起きたか

[東京 25日 ロイター] – 日本の代表的な英字新聞、ジャパンタイムズの新オフィスで、昨年12月3日、同社幹部と十数名の記者らが激しい論争を繰り広げた。対立に火をつけたのは、日韓摩擦の火種となっている「慰安婦」と「徴用工」について、11月30日付の紙面に掲載された「editor’s note」(編集長の説明)だった。

今後、ジャパンタイムズは徴用工を「forced laborers(強制された労働者)」ではなく「戦時中の労働者(wartime laborers)」と表現する。慰安婦については「日本の軍隊に性行為の提供を強制された女性たち(women who were forced to provide sex for Japanese troops)」としてきた説明を変え、「意思に反してそうした者も含め、戦時中の娼館で日本兵に性行為を提供するために働いた女性たち(women who worked in wartime brothels, including those who did so against their will, to provide sex to Japanese soldiers)」との表現にする。

こうした編集上層部の決定に、それまでの同紙のリベラルな論調を是としてきた記者たちは猛反発した。

「反日メディアであることのレッテルをはがしたい。経営陣として『アンチジャパン(反日)タイムズ』ではとても存続できない」と説明する水野博泰・取締役編集主幹に、記者側からは「ジャーナリズムの自殺行為だ」、「ファクト(事実)が問題であって、リアクション(読者らの反応)が問題なのではない」などの批判が噴出した。 (引用ここまで)

焦点:「慰安婦」など表記変更 ジャパンタイムズで何が起きたか
日本の代表的な英字新聞、ジャパンタイムズの新オフィスで、昨年12月3日、同社幹部と十数名の記者らが激しい論争を繰り広げた。対立に火をつけたのは、日韓摩擦の火種となっている「慰安婦」と「徴用工」について、11月30日付の紙面に掲載された「editor’s note」(編集長の説明)だった。

全世界的に敗北しつつある極左反日集団の寄り合い所のひとつだったジャパンタイムズが慰安婦などの英語表現を変えた。

【重要】ジャパンタイムズ、慰安婦などの英語表現を変更【朗報】

ジャパンタイムズ、慰安婦など英語表現でまだ揉めていた

ジャパンタイムズ、韓国に叩かれる

居場所がなくなった極左反日集団が怒ってたみたいだが、そんなもの経営者がどう思うかだけのことである。

これまでジャーナリズムだから何書いても良いと思って日本をボロクソに書いてた連中が、社の方針に納得がいかないんならとっとと辞めて別の媒体で書けば良い。

誰も止めない。

読者が選ぶだけのことである。

率直に言ってジャパンタイムズなぞ売れているという話は聞いたことがないし、早晩潰れるだろう。

そんな新聞社に必死でしがみつく反日連中は見苦しいったらありゃしない。

どうせ自分たちで媒体作る努力も出来ないんだろ。

もはや日本には極左と中道しかいない。

極論だが現在の日本人の政党支持率見ればそう考えるしかない。

で、極左は死にかけてる。

数が圧倒的に少ないんだよ、もう。

これから分かれるとしたら中道左派と中道右派で、極左なんて日本人の頭を擦りもしない。

そりゃそうだろ、枝野に辻本なんて恥ずかしくて外に出せない。

小沢と玉木にしても同じだ。

後はどこでどうやって死ぬかしか残ってないんだよ。

政治 英語 読書
スポンサーリンク
kotonoaniをフォローする
名無しの果て

コメント

タイトルとURLをコピーしました