日本大学危機管理学部は激減

日大は全体的に出願が減少、危機管理学部は激減

 日本大では、医学部に限らず全体的に志願者数の減少が懸念されている。

 同大の全学部とも出願を受け付け中だが、17日現在、夜間を除く全体の志願者数は3万6312人で、昨年の最終志願者数11万4316人の32%にとどまる。中でも2月25日が出願締め切りの危機管理学部(定員150人)は17日現在、志願者数が327人と昨年の最終数1877人の17%。全学部の中で最も割合が低い。

 昨年5月のアメリカンフットボール部の危険タックル問題では、同大の第三者委員会が事後対応のまずさやガバナンス(統治能力)の欠如を指摘するなど、大学側の危機管理のあり方が問題視されていた。

日大は全体的に出願が減少、危機管理学部は激減 : 国内
 日本大では、医学部に限らず全体的に志願者数の減少が懸念されている。  同大の全学部とも出願を受け付け中だが、17日現在、夜間を除く全体の志願者数は3万6312人で、昨年の最終志願者数11万4316人の32%にとどまる。

まあそりゃしゃあねえだろ、危機管理がなってない大学の危機管理学部って冗談にもならねえ。

日大って日本最大の大学だし、出願も来年になればまた増えるというものの、大学最大にして唯一に近い稼ぎ時の入試への悪影響は大きかったな。

ていうか危機管理学部なくせよ、どうせまともな人員集まらないし、言っちゃあなんだが卒業後も営業とかだろ。

危機管理意味ねえだろ。

大学がいろんな学部増やすのも良いけどさ、もう少しまともな学部にしようぜ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました