古森義久氏、アメリカの韓国疲れについて

【古森義久のあめりかノート】米国の微妙な「韓国疲れ」

 ワシントンと東京と、いまの共通項は「韓国疲れ」のようだ。この表現はかつて米国の専門家が日本の「韓国には、もうほとほと」という心情を指して使っていた。だがその後、米国に伝染したようなのだ。ただし米側での韓国へのうんざり感はずっと微妙で屈折している。

 まずトランプ政権からは北朝鮮非核化への文在寅(ムン・ジェイン)政権の態度への不満が表明される。最も明確なのはマイク・ポンペオ国務長官の昨年11月の文政権への警告だった。「米国は韓国に北朝鮮の核兵器の完全破棄が進まないまま経済利益だけを与えないように告げている」と公式に言明したのだ。

 トランプ政権は文政権が北朝鮮との共通の鉄道やパイプラインの開通、さらには韓国企業の北への投資を語り始めたことに難色を示す。文大統領が北の核完全破棄という米国の最大目標を軽視して、北が求める軍事緩和、経済交流ばかりに傾くという不満だった。(引用ここまで)

【古森義久のあめりかノート】米国の微妙な「韓国疲れ」
ワシントンと東京と、いまの共通項は「韓国疲れ」のようだ。この表現はかつて米国の専門家が日本の「韓国には、もうほとほと」という心情を指して使っていた。だがその後、…

これは全然逆だろう。

アメリカはもう既に韓国疲れどころか韓国を見るのも嫌になっているんじゃないか。

日本のマスコミの方がずっと韓国寄りだと思うぞ。

そもそも日本が韓国に対して反抗的な態度をはっきり示したのは2002年W杯が初めてじゃないか。

アメリカは地理的な条件も合って、それほど韓国との直接対話がなかった分、今の政権はマジで疲れてるし頭にきていると思う。

そりゃあ文在寅とか相手にしてると腹も立つよな(笑)

これから先、アメリカ軍は撤退し、北に飲み込まれていくんだろうけど、アメリカはそのことをそんなに痛いとは思わないだろう。

むしろその動きを読めないジャーナリストは廃業せざるを得ないんじゃないか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました