文在寅、「反日」が頼みの綱か

「反日」だけが頼みの綱に、韓国・文在寅政権

トランプだけではない:ポピュリズムのもたらす独裁政治が世界に蔓延

「民主主義は大衆が選んだ指導者によって死ぬ」

 米国のバラク・オバマ前大統領が2018年の1年間に読んだ本として挙げている29冊の中に『How Democracies Die』(民主主義はいかにして死すか)がある。

 ハーバード大学のスティーブン・レビツキーとダニエル・ジブラット両教授が著した本で、2019年1月にはペーパーバック版も出た。

 著者たちはズバリこう言い切っている。

 「民主主義は将軍たちの手によって死ぬのではなく、大衆が選んだ指導者たちの手によって死ぬ」
How Democracies Die by Steven Levitsky and Daniel Ziblatt Crown. 2018

 大衆によって選ばれた指導者は権威的な独裁者になり得る。その要因は4つある。

 1つ目は、独裁者は民主的な制度・法令・慣例を拒絶し、却下する。

 2つ目は、独裁者は政敵、反対者の合法性を否定する。

 3つ目は、独裁者は特定の暴力を大目に見たり、けしかけたりする。

 4つ目は、市民的自由(思想・言論・集会の自由)を削ごうとする。(引用ここまで)

「反日」だけが頼みの綱に、韓国・文在寅政権 トランプだけではない:ポピュリズムのもたらす独裁政治が世界に蔓延 | JBpress(日本ビジネスプレス)
米国のバラク・オバマ前大統領が2018年の1年間に読んだ本として挙げている29冊の中に「How Democracies Die」(民主主義はいかにして死すか)がある。著者たちはズバリこう言い切っている。「民主主義は将軍たちの手によって死ぬのではなく、大衆が選んだ指導者たちの手によって死ぬ」。

4つ見てみるとあの国のあの大統領はこうだな、とかいろいろ当てはまって面白い。

トランプなんぞは2つ目が当てはまるぐらいでは無いかと思うが、著者たちによると違うらしい。

俺なんかが見るとトランプよりオバマの方が酷く見える。

2つ目と3つ目はズバリそうだし、4つ目も中国に対する力の入れ方はもうその通りだ。

で、本題は文在寅だ。

文在寅がそもそも民主主義の国の大統領かはともかく、全部の項目について当てはまるかというと全部当てはまる(笑)

ただ独裁者の器ではないな。

独裁者を支える将軍の秘書ぐらいならぴったりかも。

それぐらい、独裁者の中に入れると小物っぷりがハンパない。

プーチンと4畳半の部屋に入れて2時間ぐらい締め切っておけば死ぬと思うな。

文在寅は別に反日を特別な命綱にしているわけではないんじゃないか。

勿論大事な綱の一本かも知れないが、その割には反日は二の次という感じを受ける。

とにかく北との統一が第一なんでしょ。

統一できれば全てが上手くいくと思い込んでいる節がある。

その意味じゃ大韓民国と朝鮮王朝との対立ってのも正しい。

まあ朝鮮王朝滅びてるけど。

大韓民国は朝鮮王朝に飲み込まれるんでしょ。

それが彼らの望みなんだから、我々に言うべきことはないよ。

民主主義が根付かなかった国として研究材料にはなるかも知れんが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました