韓国、ヘリ輸出しようとするもフィリピンに断られる

韓国型機動ヘリ、フィリピン向け輸出が頓挫

韓国型機動ヘリ「スリオン」(KUH1)=写真=のフィリピン向け輸出が公式に挫折したことが4日までに分かった。防衛事業庁(防事庁)の関係者は4日、「最近フィリピン政府から、米国製のブラックホーク(UH60)を購入することにしたという通知を受けた。駐比韓国大使館に連絡があった」と語った。

 韓国航空宇宙産業(KAI)と防事庁は昨年1年間、2500億ウォン(現在のレートで約240億円。以下同じ)規模のフィリピン向けスリオン輸出を重点事業として推進してきた。昨年6月にフィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領が韓国を訪れた際、国防部(省に相当)がソウル市竜山区の庁舎前にある練兵場でスリオンを展示したこともあった。

 だがスリオンは、価格競争力と安全性の面でブラックホークの壁を超えることができなかった。米国側は、スリオン10機を購入できる価格でブラックホーク16機を提供すると約束したという。(引用ここまで)

Chosun Online | 朝鮮日報
韓国最大の発行部数を誇る朝鮮日報の日本語ニュースサイト。朝鮮日報の主要記事をはじめ、社会、国際、北朝鮮、政治、経済、スポーツ、芸能など、韓国の幅広いニュースを速報で届けています。

なんか最近フィリピンついてるな。

まあどう考えてもアメリカ製の方がマシ。

韓国製の兵器のびっくりどっきり感は甚だしい。

これは最新ではないが、まあこれだけやらかせば普通誰も信用してくれなくなるわな。

戦闘機でいきなり操縦席だけ脱出装置が働いて飛び出したこともあったっけ。

それでも韓国はダンピングなどで売ってきたようだが、このところの嘘つきっぷりが全世界に拡散されてるから、もう駄目なんだろう。

しかし売れなくなったヘリとかどうすんのかね。

また国内で変な事故起こしたりしそうだ。

コメント

  1. 金 国鎮 より:

    韓国の軍需産業は相当のレベルに来ている。
    巷で言われている話は韓国の軍事技術のひとこまにしか過ぎない。
    この軍事技術の開発過程で彼らが手にした経験は必ずや次のレベルに向かう。
    韓国の軍事産業の敵が奇しくもアメリカであることが分った。
    在韓米軍が撤退を急ぐ理由の一つである。
    ムンジェイン等どうでもいい駒だ。
    日本はこれについて沈黙している。

タイトルとURLをコピーしました