防衛省幹部「韓国海軍との信頼関係は完全に崩れた」

韓国が“反論映像”公開へ 哨戒機含まず レーダー照射

海上自衛隊の哨戒機が、韓国海軍の駆逐艦から、射撃管制用レーダーの照射を受けたとされる問題で、韓国側は、日本の主張に反論するため、近く映像を公開すると発表した。

しかし、日本の哨戒機の映像は含まれないとしている。

韓国国防省は、3日の会見の中で、日本側が当時の映像を公開したことについて、「事実をごまかす内容だ」と批判した。

そのうえで、「日本の主張の問題点を盛り込んだ映像を近く公開する」と明らかにした。

一方、映像の中には、韓国側が「威嚇的な低空飛行をした」と主張して、抗議している哨戒機は含まれないという。

肝心の哨戒機が映っていない映像は、韓国側の主張を裏付ける証拠にはならない可能性があり、日韓の対立は、さらに深まるおそれがある。

一方、防衛省幹部は、韓国側の対応について、「もう韓国海軍との信頼関係は完全に崩れた」と述べるなど、強く反発している。

404 Not Found

まだ自衛隊に韓国海軍との信頼関係がかけらでも残っていたのかと驚かされる。

その辺は平和ボケなのか大人の対応なのか。

どちらにせよもう信頼関係は崩れたわけで、後はこのレーダー照射事故から何をどうするかだ。

当面アメリカ軍がいるのでアメリカ軍を中心とした疑似軍事同盟は続けざるを得ないんだろうが、これはもう期限を切って続けるものと思っておいた方が良いんだろうな。

アメリカ自身が韓国撤退を公然と進めている今、韓国との同盟なんて誰にとってもメリットなどないし、もともと同盟など組んでいない日本にとっては渡りに船だ。

そもそも竹島のことを考えれば普通に敵国の軍隊とも考えられるわけで、これからはそういうものとして扱うのが適当だろう。

実際そうしないともう日本人は納得しないでしょ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました