adsense002

韓国、「JAPAN NAVY」に反応

今度は「JAPAN NAVY」に韓国反応 「野心明らかに」「安倍政権の志向投影」

「JAPAN NAVY」――。韓国側が今、過敏に反応しているのは、この9文字だ。レーダー照射問題は発生から10日を迎え、解決の糸口を見出すどころか、ますますこんがらかり続けている。

政府が2018年12月28日公開した海自哨戒機「P-1」撮影の動画は、内外に大きなインパクトを与えた。

むしろ哨戒機の「接近」とがめる論調強く

「あー出してます。FC系(編注:火器管制レーダー)出してる」「THIS IS JAPAN NAVY、THIS IS JAPAN NAVY」――搭乗者の肉声も含むこの生々しい動画は、国内では日本側の主張を裏付けるものとして、広く受け止められている。

だが韓国側の評価は真逆だ。「客観的証拠としてみなすことはできない」とした国防省報道官をはじめ、特にメディアでは、むしろ日本側の「非」を明らかにしたものだ、という主張さえ少なからずみられる。

たとえば、韓国大手紙・中央日報(ウェブ版、以下同じ)は「韓国軍関係者」が件の映像を分析した結果として、哨戒機が駆逐艦「広開土大王」に「500メートルの距離まで接近し、150メートル上空で威嚇的に飛行した」との見解を載せ、これは北朝鮮船の救助を妨害する「非紳士的な行動」だと断じた。

日本側は動画の中でも、「国際法や国内関連法令で規定されている高度及び距離以上で飛行」している旨のテロップを表示し、こうした主張に反論している。だが韓国メディアでは、日本側が根拠として挙げる「規定」は今回のケースでは当てはまらないとして、「(日本側は)国際法を理解していない」といった議論も上がる(韓国のテレビ局JTBCなど)。(引用ここまで)

今度は「JAPAN NAVY」に韓国反応 「野心明らかに」「安倍政権の志向投影」
「JAPANNAVY」――。韓国側が今、過敏に反応しているのは、この9文字だ。レーダー照射問題は発生から10日を迎え、解決の糸口を見出すどころか、ますますこんがらかり続けている。政府が2018年12月28日公開した海自哨戒機「P-1」撮影の動画は、内外に大きなインパクトを与えた。むしろ哨戒機の「接近」とがめる論調強く「...

なんか反応するのも馬鹿馬鹿しいが、NAVYなんて言葉は昔から使っているし、そんなことは軍関係者なら誰でも知ってることらしい。

つまり素人がなんとなく考えて難癖つけてみたということだ。

そんなことよりレーダーはどこに行ったって感じだが、韓国軍はとにかくなかったことにしたいらしい。

無駄なことだと思うけれど。

韓国軍は自衛隊とアメリカ軍が情報共有してるということを知らないのか?

まさかとは思うが、もしそのまさかだとしたら、これほど滑稽なことはない。

言い訳も何も全て明らかにされている訳だから。

もう諦めて謝ればと思うが、韓国にはプライドだけは無駄にあって、日本にはどうしても謝れないようだ。

こんな軍に守られている韓国人も可哀想といえば可哀想だが、その軍の動きに賛同しているんだから同罪なんだよな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました