スポンサーリンク
adsense002

門田隆将氏、毅然と「対韓制裁」を

日本は毅然と「対韓制裁」を実施せよ

“徴用工判決”につづく火器管制レーダー照射事件は、韓国がいかに「異常な国」であるかを物語っていて、興味深い。

言うことが、二転三転するのは、慰安婦問題をはじめとする歴史問題とやらでも繰り返されてきたことであり、「ああ、いつものことだ」と言うしかない。

おかしいのは、韓国の主張がいつも「自分の首を絞めるもの」であることだ。韓国人がコロコロ見解を変えるのは慣れているし、前言を翻したり、約束を破るのが、彼らの常套手段だ。だが、それによって、自分自身がどんどん追い込まれていくのである。

しかし、今回の日本側の対応には、さすがの韓国も驚いただろう。なぜなら、日本側がその韓国の言い分を認めず、これまでではあり得ないような“毅然とした対応”をとってきたからだ。これまでの対韓政策は、日本の「自虐外交」によって展開されてきたので、それに慣れ切っていた韓国の仰天ぶりは想像がつく。(引用ここまで)

日本は毅然と「対韓制裁」を実施せよ
“徴用工判決”につづく火器管制レーダー照射事件は、韓国がいかに「異常な国」であるかを物語っていて、興味深い。言うことが、二転三転するのは、慰安婦問題をはじめとする歴史問題とやらでも繰り返されてきたことであり、「ああ、いつものことだ」と言うしかない。おかしいのは

門田隆将さんの記事。

至極当然のことが書いてある。

いつまでも韓国側の嘘に乗っかっていないで、対韓制裁せよというものだ。

その際気をつけるのは韓国に甘い議員たちだ。

これはチェックしておくべきだ。

これまでの長い間自虐外交で韓国に甘い顔ばかり見せてきたからこうなっているのだ。

日本はこれまでとは違うと教え込まねばならないのに、まあまあと話を濁すタイプの政治家はいらない。

日本にとって有害この上ない。

門田さんは日韓断交まで考えている人なので、その辺は潔い。

現実的にはもう少し穏やかなものになると思うが、ここでは制裁しかあるまい。

安倍首相に期待したい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました