adsense002

高橋洋一氏、19年はリスク多い

【日本の解き方】株価下落は「リーマン級」か…再度の大幅安で同じ状態に 19年はリスク多き年になる

 株式市場が大荒れだ。25日には日経平均株価が1000円超下落し、2017年9月15日以来、1年3カ月ぶりに2万円の大台を割り込んだ。米市場のダウ工業株30種平均が653ドル(2・9%)下落したことを受けたものだが、日経平均の下落率は5・0%だった。いったんは反発したが予断を許さない。

 12月をみると、ダウは3日の2万5538ドルから24日の2万1792ドルまで下落率は14・67%だった。一方、日経平均は3日の2万2574円から25日の1万9155円まで15・14%とほぼパラレルに下落している。

 10月からでは、ダウの下落率は18・23%、日経平均は21・15%と、やはり日本のほうが下落率が大きい。(引用ここまで)

【日本の解き方】株価下落は「リーマン級」か…再度の大幅安で同じ状態に 19年はリスク多き年になる
株式市場が大荒れだ。25日には日経平均株価が1000円超下落し、2017年9月15日以来、1年3カ月ぶりに2万円の大台を割り込んだ。米市場のダウ工業株30種平均…

暗黒卿。

株価がリーマン級に下がるとどうなるか、というと消費税増税延期である。

財務省はまだまだ圧力は強く、いずれ4月頃にならなければ分からないのであるが、延期に対する期待は高い。

どうにも最近の安倍政権は国民に負担を強いる政策ばかりを次々に決めており、正直消費税増税もこのままいくと押し流されるように決まってしまうのではないかという恐れが強い。

株価が下がれば、と簡単に言うわけにもいかず、こればかりは先の見通しも含めて不透明すぎるのだが、最近の東アジアの状況を見て、今の憲法で日本はやっていけるのかといわれると、そちらの方が恐怖だ。

日本は一旦物事がこう、と定まれば一気に国民全体が流されてしまう。

今回のレーダー照射についても、もし万一自衛官が命を落とすようなことがあったとしたら、国民は止められないだろう。

改憲して重武装し韓国に宣戦布告しかねない。

それでは困るのだ。

きちんと手順を踏んで、どこの誰がどう見ても正しい改憲でないと、後の世に残せなくなってしまう。

安倍首相ぐらいしか改憲できる人がいない。

何とか頑張って欲しいものだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました