adsense002

韓国軍、練度が圧倒的に低いことがバレる

政治

「日本乗組員の英語の発音が悪くて」…韓国が哨戒機映像に反論

韓国海軍の駆逐艦「広開土大王艦」(DDH-971)と日本海上自衛隊の海上哨戒機P-1の間のレーダー照射問題に関連し、日本防衛省が28日、「韓国側が火器管制(射撃統制)レーダー(FC)を照射した証拠」として日本側が20日に撮影した映像をホームページ上で公開した。しかし韓国国防部は13分7秒の映像について「スモーキングガン(決定的証拠)ではない」と述べ、客観的な証拠を提示すべきという立場だ。

映像を見ると、6分6秒ほど進行した時点に日本哨戒機の乗組員が「あー、出しています。FCコンタクト(接触)」と報告すると、機長が「了解」と答える場面が出てくる。機長は「(電波を感知した時に出てくる)めちゃくちゃすごい音だ」とし「この音を覚えておいてください」と語った。「(電波感知に関する)データを取得した」という乗組員の発言もある。日本哨戒機の電子戦支援装備(ESM)が「広開土大王」のレーダー情報を把握したという意味だ。防衛省は日本哨戒機が3種類の周波数で計6回「広開土大王」に呼びかけたが、応答はなかったと主張した。

韓国の国防部と合同参謀本部は日本の一方的な主張に一つ一つ反論した。映像に出ている声は緊急状況ではない語調であり、レーダーの周波数の属性に関する情報もないという分析だ。合同参謀本部の関係者は「照準を受けたのなら日本哨戒機は回避すべきだが、映像ではむしろ左に回って広開土大王艦にさらに近づいている」と述べた。

日本哨戒機が「広開土大王」に英語で交信を図った内容も「(韓国の)火器管制レーダーアンテナが我々に向いている」となっている。もし照準状況であれば「照準を中止しなさい」と抗議すべきというのが、合同参謀本部の説明だ。

日本哨戒機の呼び出しに答えなかった理由については「日本乗務員が『Korea South Naval Ship(韓国海軍艦艇)」と呼んだが、通信状態が良くないえうえ英語の発音が悪くて『South』が『Coast』と聞こえた。海警を呼んだと考えた」と明らかにした。(引用ここまで)

https://japanese.joins.com/article/615/248615.html?servcode=A00&sectcode=A10&cloc=jp|main|top_news

なんかいろいろ言ってるけどどれも間違ってるし、どれをとっても馬鹿馬鹿しいのでいちいち取り上げたりはしないが。

「 映像に出ている声は緊急状況ではない語調であり 」の部分はやはりさすが自衛隊だと思わせる。

空軍の場合ロックオンされたような緊急の場合には、いつもよりもゆっくりと間違いのないように話すよう、強く定められているそうだ。

そりゃあそうだ、ロックオンされて焦ってたら滅茶苦茶になるからな。

だから我々が後から聞いてもはっきり分かるように喋っている。

言葉につまったり、言い換えたりせずにきちんと喋っていて、これは練習のたまものなんだろうなと思わされた。

一方韓国。

ロックオンされたら火病になるそうだ。

韓国軍の練度が低いのはもう随分言われているし、もう韓国軍がどうであってもいいのだが、空軍は大丈夫なのか?

やはり米軍が合同訓練断ってくるはずだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました