adsense002

アメリカ、韓国を離れるとき韓国を焦土化する

レーダー映像公開…日米、韓国に金融制裁の可能性も? 米政府関係者「われわれが離れるとき韓国は焦土化する」

韓国海軍の駆逐艦が、海上自衛隊のP1哨戒機に、攻撃寸前の火器管制用レーダーを照射した問題は、米トランプ政権が水面下で進める「米韓同盟消滅」の決定打となるのか。北朝鮮への制裁緩和を訴える文在寅(ムン・ジェイン)政権に対し、日米共同の金融制裁という報復措置がありうると専門家は指摘。米政府関係者は「われわれが離れるとき、韓国は焦土化する」と不気味な予告をしている。

 レーダー照射について「韓国では、日本とのもめ事を起こす文政権に対する批判がある一方、『日本の哨戒機を撃墜すべきだった』と、日本との対決を求める声もある」。長年の韓国ウォッチャーとして知られ、『米韓同盟消滅』(新潮新書)などの著書がある元日本経済新聞編集委員の鈴置高史(すずおき・たかぶみ)氏はこう解説する。

 「もともと韓国軍が『親日』だったことはない。『日本撃滅』のスローガンがかかっている海軍基地もあると聞く。北朝鮮との緊張が緩和する中、韓国海軍が日本海に目を向けるのは当然だろう」というのだ。

 ハリス駐韓米大使は11月、韓国誌『月刊朝鮮』で「米韓同盟は確固として維持されているが、当然視してはいけない」と異例の警告を発した。レーダー照射問題は、米政権側に募った韓国に対する不信感を一段と際立たせることになる。(引用ここまで)

レーダー映像公開…日米、韓国に金融制裁の可能性も? 米政府関係者「われわれが離れるとき韓国は焦土化する」
韓国海軍の駆逐艦が、海上自衛隊のP1哨戒機に、攻撃寸前の火器管制用レーダーを照射した問題は、米トランプ政権が水面下で進める「米韓同盟消滅」の決定打となるのか。北…

韓国が潜在的に敵国なのは言うまでもない。

アメリカ軍としては米韓同盟を解消して東アジアの新しい安定を望んでいるはず。

ただアメリカが韓国を北朝鮮の支配下に置くことに我慢ができるかという問題がある。

南北朝鮮が南主導で成されることはなく、北主導なのだろうから、どちらにしても厄介者なので、これはこの際構わないとするべきなのか。

現実にアメリカが韓国に影響を与えなくなった場合に起こるシナリオに日本は気をつけねばならないだろう。

日本は消費増税してから改憲などしている場合なのか。

現政権はそれほど甘い政権ではなかったはずだが、どうもこのところ動きがおかしい。

もう少し様子を見ないとわからないか。

コメント

  1. 金 国鎮 より:

    アメリカは戦後北朝鮮と外交を持っていない、何も知らない。
    金正恩と話をして何が分るのだろうか?
    トランプの側近で北の情報を持っている人間よりは韓国情報部の情報のほうがはるかに現実的だ。
    北の情報がない、それがすべての間違いのもと。
    北の特殊部隊は飢えた北の住民だ、きびしい訓練そこに反金正恩の政治組織がある。

    韓国軍は金大中以前から在韓米軍を撤退させる考えだ。
    アメリカが利権がらみで韓国にいただけだ。
    韓国軍の通常兵器の能力は相当なものだがいずれ分る時が来る。
    それが在韓米軍撤退の話なのだが戦後教育を受けた日本人のアメリカかぶれに
    は呆れるよ。
    かってパクチョンヒは北と日本に対する軍事進攻の作戦を持っていた。
    ムンジェインにはその力はない。

タイトルとURLをコピーしました