adsense002

毎日新聞、中国プロパガンダ紙とばらされる

一体どうやって存命しているのかわからなかった毎日新聞が、意外なところでお金が手に入ってた、という。

毎日新聞はもともと部数が少なく、もう全国紙と呼ぶには規模が小さすぎるのだが、これで晴れて(?)中国プロパガンダ紙としてやっていくことができる。

別に中国のプロパガンダを流しているんであればそういってくれた方が読者は助かる。

もともと買ってはいないが、これからは近づかないようにする(笑)

しかしオールドメディアはどんどん存在感を失っていくね。

どんなメディアでもバイアスがかかっていないものなどなく、その辺は利用する側が判断して扱うしかないのだが、こうまではっきり名前を挙げられて、それに反対する姿勢がまるで見えないというのは言論機関としてどうなのか。

百田さんぐらい大物になれば、中国のプロパガンダ紙のインタビューや書評などこちらからお断りだろうが、中小の零細物書きや新人などだと、載せてもらうだけでも大変だからな。

これが地上波に乗り、世間一般が知るようになると、毎日新聞は倒産するしかないかもね。

毎日新聞もTBSも、もう寿命の図体を無理矢理生命維持装置で生かしてきたわけだが、さすがに持たなかったか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました