スポンサーリンク
adsense002

韓国、他に人がいないので田母神氏に頼る(笑)

日本、“レーダー事件”外交争点化を意図…韓日外交会議時も抗議

韓国海軍艦艇の北朝鮮船舶救助過程で、日本の哨戒機がレーダー追跡範囲に入って来たことを日本政府が外交争点化している。韓国政府は意図的な過剰対応と見ている。

~略~

 日本でも田母神俊雄・元自衛隊航空幕僚長(韓国の空軍参謀総長に該当)がツイッターを通じて「ミサイルが発射されるには艦艇内の複数部署で同時に安全装置を外す必要がある。だから火器管制レーダーの電波照射が即危険だということにはならない」と述べた。彼は「今回ぐらいのことは世界中の軍が日常的にやっている」として、日本側の過剰対応の可能性を指摘した。

この記事の面白いところは、おそらく他に適当な人物がいなかったからだろうが、田母神俊雄氏のツイートをもってきているところだ。

普通なら田母神氏なんて使わないだろ(笑)

ちなみに田母神氏の説はすぐ否定されてる。

まあいくら昔偉かった人でも間違いはあるって例だな。

とにかく韓国は日本の過剰反応ということにしてお茶を濁したい。

できるだけこの件を外に漏らしたくないので、黙っていて欲しいと日本側に懇願しているぐらいだ(笑)

昔ならいざ知らず、現代の軍同士のデータリンクで、起こったことをなかったことにしようと言うのはあり得ない。

当然米軍には情報は行ってるし、その他の軍にも必要ならば情報は流れるだろう。

どうも韓国軍は統制が取れていないようだ。

つまり浅間山荘事件のメンバーが軍を動かしているようなものだ、と。

そう言われてもあながち間違ってはいないようだ。

まあ政府もそんなものだから、軍ばかりを悪くも言えないが。

政治 韓国
スポンサーリンク
kotonoaniをフォローする
名無しの果て

コメント

タイトルとURLをコピーしました