スポンサーリンク
adsense002

古谷経衡、今度はローラの件で強い電波を浴びる

ローラさんの辺野古工事阻止10万筆署名賛同こそ、真の保守であり愛国者だ

 タレントのローラさん(28歳)が、米ホワイトハウスの請願サイト「WE the PEOPLE」において、辺野古移設工事を止めるよう求める署名活動についてインスタグラム等で賛同の意を示したことが大きな波紋を呼んでいる。

 12月21日のデイリー新潮(週刊新潮WEB取材班)では、早速このローラさんの表明を「ローラが左傾化!? 沖縄米軍基地移設に突然「NO」を表明の裏にある“野心”」としてやや批判的な論調で結んでいる。

 あるいはネットを概観しても、「ローラは反日になった」「芸能人が左傾的な発言を公にするのは控えるべきでは」などの極論すら見つかる。または、「政治イデオロギーの如何を置いておいても、芸能人が政治問題に介入するのはローラさんにとってマイナスにしかならない」などの意見もある。

 しかし、私はローラさんが、辺野古移設工事反対10万筆署名に賛同の意を示したことの、どこが「左傾」「反日」なのか、まったくもって意味が分からない。

 沖縄の先祖代々の土地を、米軍から取り戻したい。沖縄の先祖代々の土地に、これ以上米国の軍隊の基地を創って欲しくない―。これこそが保守であり、真の愛国者の姿勢では無いのか。

 この観点からすると、ローラさんの意思表明こそが、まさに真なる保守であり、そして正にまっとうなる愛国者の姿勢そのものである。(引用ここまで)

ローラさんの辺野古工事阻止10万筆署名賛同こそ、真の保守であり愛国者だ(古谷経衡) - Yahoo!ニュース
タレントのローラさんが、辺野古移設工事反対を求める署名活動について賛同の意を示したことが大きな波紋を呼んでいる。「左傾化」「反日」など波乱を呼んでいるが、彼女の行動こそ真の保守、愛国者なのでは無いか?

また出た古谷経衡。

てゆうかこの名前なんて読むんだ。

まずはうっとうしいから髪を切れ。

しかしこんな稚拙な文章では誰も古谷に賛同できないだろう。

そもそも今回の辺野古移設の件でローラが出てきたことに、特別な意味を見いだしてる保守勢力なんていないだろ。

ましてローラが「反日」とか「左翼」だとか思ってる人は殆どいないと思う。

左翼はアイコンとして使いたがると思うけどね。

その意味では馬鹿なことをしたものだ。

で、辺野古移設工事中断にしても、あのサイト10万人越えるとホワイトハウスでの議題に載るというだけで、なんの強制力も無い。

いくらやってもらっても結構。

それで何が変わるわけではないし、ローラが米軍基地反対と声を上げた訳でもあるまい。

それと沖縄を取り戻したいとか、日本の政権が沖縄を踏みにじっているとか、何の電波を受けたんだ。

お前その髪の下にアンテナ隠してんのか。

百田さん風にいえば、芸能事務所に属してる自称言論人は金のためならいくらでもしっぽを振るらしいが、まあ古谷もそうなんだろうな。

電波芸人が見たい人はどうぞって感じ。

政治
スポンサーリンク
kotonoaniをフォローする
名無しの果て

コメント

タイトルとURLをコピーしました