adsense002

中国スーパーリーグ、短い春でした

中国リーグがサラリーキャップ制を導入、国内選手の年俸上限は1.6億円に

【12月21日 AFP】中国スーパーリーグ(1部)は20日、来シーズンから国内選手の年俸上限を1000万元(約1億6000万円)にするサラリーキャップ制を導入すると発表し、いわゆる「陰陽契約」を根絶させると明かした。

 この厳しい方策は、中国サッカー協会(CFA)が多額の投資を取り締まり、各クラブにより厳しい財政上のルールを順守させるために行っている取り組みの一環となる。

 中国中央テレビ体育チャンネル(CCTV-5)や他のメディアによれば、シーズン後に上海で行われたCFAの会議の結果、国内選手はボーナスや奨励金も制限されることが決まったという。

 このサラリーキャップ制は来年春に開幕する新シーズンから採用される予定だが、外国籍選手はその対象にならない。

 しかし、各チームの年間支出額の上限は2019年が12億元(約194億円)となっており、2021年には9億元(約145億円)まで減額となる。(引用ここまで)

中国リーグがサラリーキャップ制を導入、国内選手の年俸上限は1.6億円に
【12月21日 AFP】中国スーパーリーグ(1部)は20日、来シーズンから国内選手の年俸上限を1000万元(約1億6000万円)にするサラリーキャップ制を導入すると発表し、いわゆる「陰陽契約」を根絶させると明かした。

これは中国スーパーリーグ終わったか?

どうも中国は個人競技はいざ知らず、サッカーのような団体競技になるといきなり弱さを発揮するが、金で外国人を集めて国内外で暴れ回るスタイルから、中国籍選手を育てる方針に変わったらしい。

ここまでならまあよく聞く話だが、中国リーグの評判の悪さと、DZNマネーで沸く日本のJリーグが隣にあることを考えると、外国人にとってもプレーしやすく住みやすい日本を選ぶ人が増えるのは予想できる。

なんせあのイニエスタが神戸にいたりするし、なぜか佐賀ではトーレスが残留宣言して来年も日本でプレーしてくれるらしい。

まあ不思議に思う人の方が圧倒的だと思うが、別に不思議でもないんだよな。

日本人は外国人選手がいても、まず外国語ができないし、相手にも迷惑だろうとそっとしておいてくれるらしい。

イニエスタやトーレスが繁華街を歩いても、そこまでの騒ぎにならない。

日本人の俺からしてみるとなんか損してるような気もするが、彼らスーパースターたちにとっては珍しい体験なんだよな。

そして飯が旨い。

胃袋を掴むという点では日本は群を抜く才能を見せる。

ちょっとふらっと寄ってみた程度だったのになぜか長居することになってしまったこの手のスター選手は数多い。

とりあえずJリーグお勧めです。

あと、中国はこんなところまで金が回ってこなくなったのかという記事でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました