adsense002

トランプ、アフガニスタンからも撤退検討

アメリカ

トランプ大統領 “アフガンからも米軍撤退を検討” 米報道

アメリカのトランプ大統領が、シリアからアメリカ軍を撤退させる方針を決めたのに続いて、アフガニスタンでも駐留する部隊の大幅な削減を検討しているとアメリカの複数のメディアが伝えました。

アメリカの複数のメディアは20日、トランプ政権が、アフガニスタンに駐留しているアメリカ兵約1万4000人の兵力の大幅な削減を検討していると伝えました。

最終的な方針はまだ固まっていないとされる一方、有力紙「ニューヨーク・タイムズ」は、兵力の約半数の7000人を撤退させる方針だと報じています。

トランプ大統領は今週、過激派組織IS=イスラミックステートを打倒したとして、シリアからアメリカ軍を撤退させる方針を明らかにしたばかりです。

アメリカの別の有力紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」は、トランプ政権高官の話として、「トランプ大統領がいかに真剣に紛争から手を引きたいかを示している」と報じています。(引用ここまで)

エラー|NHK NEWS WEB

トランプ大丈夫か。

まあアフガニスタンいつまでかかるんだという気持ちもちょっと解るけど。

マティス国防長官の辞任はシリアとこのアフガニスタン撤退の両方かかってたんだな。

これで軍自体はかなり削減することになったので、その分が他に回るとなると東アジアってことになるわな。

これはトランプが戦争が嫌いだからというよりも、軍を集結させて一つずつ敵をたたいていく前触れのようにも見えるが、さて軍事評論家の方はどう見るのかねえ。

後トランプと死の商人たちとの間の争いが背後にあるという記事も読んだな。

その記事が本当だとすると一応トランプペースで物事が進んでいるのか。

その記事どこだったっけ?

コメント

  1. 金 国鎮 より:

    これはいいニュースだ。
    プーチンとトランプの間で中東問題をめぐる問題に合意が成立した。
    問題はアメリカではなくてイギリス・フランスだ。
    中東から排除されたイギリス・フランスが狙うのは東アジアの利権だ。
    幕末と同じだ。
    イギリスは既に日本と合同軍事訓練をした。
    フランスは日産を通じて経済的な権益だ。
    どちらも過去の夢を追いかけている欲張り共だ。
    この後の始末はプーチンの政治力だ。
    良くやったよ。

    中東では早急に海外に逃れた数百万のシリア難民が無事にシリアに戻れるように
    することだ。
    既にプーチンはメルケルのその協力を要請している。
    続いてはパレスチナの人たちの人権を守ることだ。

    東アジアでもプーチンとトランプが協力すれば北の政治体制を転換させて
    在韓米軍を撤退させることは可能だ。
    第二次大戦末期ソビエト軍がポーランドからドイツに進攻した際に多くの
    収容所でユダヤ人の悲劇的な状態を見た。
    ロシア軍が北朝鮮に軍事進攻(これありうる状態になった)すれば北朝鮮
    国内の収容所で同じ状況に遭遇するだろう。
    その時にはムンジェインはは犯罪者でしかない。

タイトルとURLをコピーしました