adsense002

日本、商業捕鯨再開へ

何も決まらぬIWC、日本脱退・商業捕鯨再開へ

 政府が商業捕鯨の再開に向け、国際捕鯨委員会(IWC)から脱退する方針を固めたことが20日、わかった。日本はIWCが採択した商業捕鯨の一時中止(モラトリアム)に従ってきたが、再開の見通しが立たないため、捕鯨戦略を転換させる。日本の脱退には、反捕鯨国など国際的な反発も予想される。

 IWCはクジラの資源保護と持続的な利用を目的に設立され、現在、日本を含む89か国が加盟する。反捕鯨国が過半数を占めている。

 IWCは鯨類資源を保護するため、1982年にモラトリアムを採択。日本は88年から商業捕鯨を中断している。現在、国内に流通する鯨肉は、アイスランドなどからの輸入品以外は、南極海と北西太平洋で行っている調査捕鯨の「副産物」として得たものだ。

 日本は商業捕鯨を再開するため、調査捕鯨で得られた科学的なデータを基に、生息数が回復している鯨種について、商業捕鯨の再開をIWCで訴えてきた。

 しかし、捕鯨国と反捕鯨国の意見は真っ向から対立しており、「IWCは資源管理について何も決められない」(政府関係者)状態が続き、国際機関としての存在意義が問われていた。(引用ここまで)

まあ待ちに待った決定という感じではある。

これは俺の非常に個人的な体験なので、気にしないでもらいたいが、旨い鯨肉を食べたことがないんだよな。

なにせうちは瀬戸内の小さな街で、鯨肉をきちんと処理して上手に食べさせるなんて高度な技を知っているわけもなく、何となく揚げてみました的な磯辺揚げを食べて以来、鯨肉は食べていない。

なので今回の決定は大きな意味はあるんだろうが、あまり喜びのような物は湧いてこない。

だが、食文化を尊重する意味で日本は鯨食をアピールすべきだし、今回の脱退の決定でそういうチャンスも増えるはずだ。

頑張ってもらいたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました