adsense002

百田尚樹さん、本は売れるか売れないかが問題だ

王将好きですね。

グッズもらうと応援しちゃうしな~。

百田さんはデビューが遅くて、かなりしっかり小説のマーケットを読み切った上での出発だったので、売れない本があって、中身が良くっても意味がない。中身が良かったら後は売らないと!という考えなんですよね。

まあ実際その通りではあるのですが、売れなかった本にも、例えば一文だけ琴線に触れるような、そんな本もあったりします。

というか、あまりにも本が多すぎて、著者の数もそれに応じて多くなり、文章が上手いとうなる作家さんは少なくなったように思います。

この一文に命削って書いてると言うような、明らかな名文が減りましたね。

そういう時代なんでしょうか。

百田尚樹さん、物にはこだわらない

百田尚樹さん、『カエルの楽園』と同じローラに愕然とする

百田尚樹さん、ツイッター法則

百田尚樹さん、お願いなのでやめてください

百田尚樹さん、明日虎ノ門ニュース中継で参加予定

百田尚樹さん、スパーリングするほど元気

百田尚樹さん、永久入院を考える

百田尚樹さん、イケメンになるはずが

百田尚樹さん、元経産省官僚にキレる

百田尚樹さん、下ネタ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました