スポンサーリンク
adsense002

門田隆将氏、虎ノ門ニュースでオウムについて語る

俺は以前同じ話を「チャンネルくらら」の方で聞いていたので、衝撃は少なかったが、虎ノ門ニュースでは視聴率が違うので、かなり驚いた方も多かったんじゃ無いかと思う。

まあ朝から聞く話じゃないよな(苦笑)

オウム事件があったとき俺は東京の大学に通っていて、時々使う駅が標的となっており、ちょっとゾッとした。

あの事件で俺が一番印象に残っているのは、正月真っ昼間から誰もいないがらんとした中山道だった。

どこか異界に迷い込んだような、不思議な感覚だったのを覚えている。

あの頃は地下鉄に乗るのさえ怖かったのだ。

駅からはゴミ箱が撤去され、皆が何となくおびえている、そんな異様な時期だった。

あれから20年以上が経って、別にこの事件の加害者でもなく被害者でもない、ただそこにいた俺からしてみれば、ここに一人のオウム脱会信者が苦しんで死んでいったんだと思い返すことができる。

ただ被害者や被害者の家族の立場に立ってみれば、また全然違う感情があるだろう。

平成が終わるのに合わせてオウム事件も歴史の1ページになることが決まった。

門田さんのこの本は平成の終わりに相応しい本だと思う。

朝からちょっとヘビーな話題だが、終わらせないといけない事件なのだろう。

政治
スポンサーリンク
kotonoaniをフォローする
名無しの果て

コメント

タイトルとURLをコピーしました