adsense002

マクロン、滅茶苦茶なフランスをまた滅茶苦茶にする

マクロン仏大統領、支持率さらに低下 「黄色いベスト」打撃で23%に

【12月17日 AFP】フランスのエマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)大統領の支持率が23%まで落ち込んだことが、16日に発表された最新の世論調査で明らかになった。約1か月前から続く反政府デモ「ジレ・ジョーヌ(黄色いベスト、gilets jaunes)」運動が打撃となり、不人気ぶりに一段と拍車が掛かった。

支持率は仏調査会社Ifopが行った大規模な世論調査に基づくもので、日曜紙ジュルナル・デュ・ディマンシュ(Le Journal du Dimanche)に掲載された。先月の25%よりも2ポイント下がった。

一方、マクロン政権に「非常に不満」と答えた人の割合は6ポイント上がり、45%に達した。(引用ここまで)

マクロン仏大統領、支持率さらに低下 「黄色いベスト」打撃で23%に
【12月17日 AFP】フランスのエマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)大統領の支持率が23%まで落ち込んだことが、16日に発表された最新の世論調査で明らかになった。

フランス 「デジタル課税」独自に導入へ

フランスのマクロン政権は、大手IT企業の売上高に課税する「デジタル課税」導入に関して、EU=ヨーロッパ連合が年内の合意を断念したにもかかわらず、来月から独自に導入する方針を示しました。相次ぐデモに押されて燃料税の引き上げを中止するなどしたため、その埋め合わせだという指摘が出ています。

EUは、アメリカのグーグルやフェイスブックなどの大手IT企業を対象に、新たなルールで課税する、いわゆる「デジタル課税」の導入を検討してきましたが、各国の意見が折り合わず、目標としていた年内の合意を断念しました。

ところが、フランスのルメール経済相は17日、「デジタル課税」を来月から独自に導入し、広告収入や個人情報の転売を課税の対象にすることを明らかにしました。

これによって、年間5億ユーロ、日本円にして640億円の税収が見込めるとしています。(引用ここまで)

エラー|NHK NEWS WEB

フランスにはフランスの理由があって、フランスで上手くいかないから他の国でも上手くいかないというのはどうかと思うが。

しかしフランスがこうまで追い詰められている理由の一つは移民政策にあるのはもう揺るがないんじゃないか。

実際ル・ペンが拒絶されてるのも、結局移民の反対が怖いという一点で、だとすればフランスは我々が思うフランスらしさを捨ててでも今のまま没落していく道を選んだと言うことなんだろう。

マクロンはその生け贄になれと言うことか。

翻って日本では。

移民政策が打ち出された。

俺は海外の人が日本に入ってきて、日本人になりたいと思い、国籍を取って日本人になることに反対なわけではない。

実際「ワタシが日本に住む理由」とかよく見てるし。

あの番組見てると元外国人なのに日本の歴史とか詳しくて、俺なんて顔真っ赤だ。

だがそのレベルと移民政策で入ってくるレベルでは訳が違う。

ベトナムやフィリピンなら日本語が喋れて多少は日本の土壌に馴染みやすいかとも思うが、それでもにほんの労働環境に慣れるのは至難の業だ。

経済政策は資本家が先導していつも失敗する。

労働者一人一人の顔なんて見てないからな。

この政策が最大の失点にならなければ良いのだが。

あと「ワタシが日本に住む理由」、提供変わらねえかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました